TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、西加奈子が実践している退屈しのぎの方法に感心「さんまさんだったら何と言うか考える」

明石家さんま、西加奈子が実践している退屈しのぎの方法に感心「さんまさんだったら何と言うか考える」

2015.11.08 (Sun)
2015年11月7日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、フジテレビ系の番組『さんまのまんま』で、直木賞作家・西加奈子と共演し、そこで、西加奈子が退屈している時、実践しているという方法について感心したと語っていた。

本人vol.11
本人vol.11
太田出版 2009-09-11

Amazonで詳しく見る

楽天市場で詳しく見る


明石家さんま:(西加奈子は)俺のことが、ツボなんですね。

鞘師里保:ツボ(笑)

明石家さんま:笑いなんか好みありますから。「この人、面白い」って思ったら面白いし。面白くないって思ったら、世間がウケてても、面白くないし。それは、好みやから。

鞘師里保:はい。

明石家さんま:西さんは、俺が好みなんですね。俺が、何をしても面白いんですって。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:運転免許証の写真で、俺が口を閉じてるってことだけで、面白いんですって(笑)

飯窪春菜:ふふ(笑)へぇ、凄い(笑)

明石家さんま:そこまで好きになっていただくっていうのは、非常にありがたい。その時も、きなこ餅を持ってきてくれてて。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:「俺、きなこ好きだから」「え?さんまさん、きなこ好きなんですか?」って言うて。「俺、テレビでも言うてるけど、きなこ好きやねん」「私、きなこ餅を食べる、さんまさんを見たいんです」って。

鞘師里保:え?

明石家さんま:俺が、きなこ餅を食べたら、ゲラゲラ笑ってた。

飯窪春菜:ふふ(笑)

村上ショージ:また、口の周りいっぱいつけたんでしょ?

明石家さんま:いや(笑)

飯窪春菜:喋って口からきなこ出すとか(笑)

明石家さんま:色んなことを想像するみたいで。「うわ、きなこ餅食べてる」とか、「うわ、歩いてる」の世界なんですって。大阪のオバちゃんのような。

飯窪春菜:ああ。

明石家さんま:「うわ、歩いてるわ」って感覚で。「うわ、きなこ落としてるわ」ってだけで面白いんですって。旦那さんもいらっしゃって、結婚してらっしゃるんですけど。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:旦那さんとか、色んなもんと喋ってて、退屈してくると、「これ、さんまさんやったらなんて言わはるんやろ」って思って過ごしてきたんですって(笑)

飯窪春菜:へぇ、凄い(笑)

明石家さんま:「結構、退屈しのぎになりますよ」って言うてた(笑)「ちょっと待て」言うて。でも、考えたらそやわ。みんなもそう考えて生きてったらエエねん。楽やわって思って。

飯窪春菜:ああ、そうですね。

明石家さんま:社長が難しい話をいっぱいしてて、「退屈やわぁ」って思ってる時、「こんな時、さんまさんいはったら、なんか言い返しよんのかな?」って。

飯窪春菜:面白い。

明石家さんま:俺じゃなくてもエエねん。自分の好きな人がおって、「ここに福山(雅治)さんがいたら、この揉め事はどうなるんだろうか?」って思うと、結構、丸くおさまる。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:凄いいい考えの持ち主やな、と。これ、楽やで。

【関連記事】
明石家さんま、西加奈子と『さんまのまんま』で共演してその言動に驚く「さんまさんは笑狂老人」「中身がお祭り」

西加奈子、オードリー若林に初対面で「童貞やんな」と発言した理由を語る「全部が、ファーストタッチな人」

オードリー若林、作家・中村航にキレてしまいビクビク「アメフトのことをイジられて」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,西加奈子,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、FUJIWARA原西の前髪は医者にも見放されてしまって伸びないと暴露「もうあれ以上前だけ伸びひん」

前の記事:明石家さんま、西加奈子と『さんまのまんま』で共演してその言動に驚く「さんまさんは笑狂老人」「中身がお祭り」