TOPたまむすび ≫ 羽鳥慎一、赤江珠緒への惜別の言葉「正直言って僕は残念」の真意に言及「珠ちゃんとずっと一緒にやりたかった」

羽鳥慎一、赤江珠緒への惜別の言葉「正直言って僕は残念」の真意に言及「珠ちゃんとずっと一緒にやりたかった」

2015.10.22 (Thu)
2015年10月20日放送の放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーアナウンサーの羽鳥慎一が出演し、テレビ朝日系の番組『モーニングバード』で4年半共演していたフリーキャスター・赤江珠緒と1ヶ月ぶりに再会し、『モーニングバード』最終回での「正直言って、僕は残念です」との餞(はなむけ)の言葉の意味について語っていた。

CD/FUNKY MONKEY BABYS/ヒーロー/明日へ (通常盤)

感想:0件



前の記事からの続き:
羽鳥慎一、赤江珠緒と『モーニングバード』終了後初めて出会って1分10秒で感涙「球ロスです」

リスナーメール:赤江さん、羽鳥さん。いつも楽しく聞いています。

山里亮太:いや、羽鳥さんは今日だけだけどね(笑)

羽鳥慎一:いや、私、出ても良いですよ、毎週。

山里亮太:だから怖いのよ。みんなが「そうだな」って空気出すのよ。

赤江珠緒:羽鳥さん、忙しいけど火曜は空いてるんだって。

羽鳥慎一:全然、空いてます。

山里亮太:みんなさ、ラジオで昼は「火曜日空いてる」、夜は「水曜日(『山里亮太の不毛な議論』)空いてる」って言うんだよ。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

リスナーメール:某番組(『モーニングバード』)の最終回、羽鳥さんが卒業する赤江さんに、「正直言って、僕は悔しい」と、餞(はなむけ)の言葉を贈られたのですが、史上最高の餞の言葉ではないかと思います。

羽鳥さんの真意は分かりませんが、僕には、「去りゆく人が、その場にまだまだ必要とされているが、本人の意思を尊重し、去り行くことを認めてあげる」ということが、集約された言葉だと思います。

先日、退社した同僚へのコメントに、早速使わせていただきました。

赤江珠緒:使うんかい(笑)

山里亮太:これ、著作権とってないから大丈夫ですね?

羽鳥慎一:全然問題ないです。

山里亮太:でも、どうなんですか?これ、合ってます?真意は。

羽鳥慎一:合ってます。でも、「悔しい」じゃないです。「残念」です。「正直言って、僕は残念です」だね。

山里亮太:ああ、残念か。

赤江珠緒:ああ、そうだ。「残念」ですね。

羽鳥慎一:いや、僕はね、本当に残念です。珠ちゃんとずっと一緒にやりたかったですけど。

山里亮太:ねえ、羽鳥さん。もう泣くの、やめてくんねぇかな(笑)

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)いや、ちょっとね(笑)調子狂うというか(笑)

羽鳥慎一:最後に会った時、泣いて別れて。今日、また泣いて。

赤江珠緒:たしかに、そうだ。

山里亮太:ずっと泣いてますよ。鳥人間コンテストの時も、こんな泣かないよ。

赤江珠緒:そうですか(笑)

羽鳥慎一:鳥人間コンテストより、泣いてます。

山里亮太:そうそう、正直ね(笑)大木祥資さん(滑空機部門で優勝常連のパイロット)が泣いてるよ(笑)

赤江珠緒:いやぁ、そうですよね。

羽鳥慎一:ミスター鳥人間ね。

赤江珠緒:羽鳥さん。そういうところありますからね。

【関連記事】
博多大吉、今田耕司が女子アナを褒めている間に羽鳥慎一とともに下向いてたワケ

赤江珠緒、『モーニングバード』降板を自ら申し入れしていたと認める「2つの帯番組は、オーバーワークだった」

赤江珠緒、『モーニングバード』終了に実感がないと告白「終わるんだ、と自分に言い聞かせて暮らしてます」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 赤江珠緒,羽鳥慎一,山里亮太,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:羽鳥慎一、赤江珠緒がいない『モーニングショー』初回放送直前に泣いていたと告白「1回、トイレ行って泣きました」

前の記事:羽鳥慎一、赤江珠緒と『モーニングバード』終了後初めて出会って1分10秒で感涙「球ロスです」