TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、父親の葬式で間寛平が大爆笑を起こしてしまった事件を明かす「とうとう、親父の葬式まで大爆笑」

明石家さんま、父親の葬式で間寛平が大爆笑を起こしてしまった事件を明かす「とうとう、親父の葬式まで大爆笑」

2015.10.18 (Sun)
2015年10月17日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、父親の葬式で、間寛平が大爆笑を起こしてしまったという事件について語っていた。



村上ショージ:家庭内では、そんなに笑わせませんよね?

明石家さんま:家庭内はそんなに笑わせないね…

飯窪春菜:え?本当ですか?

明石家さんま:でも、(子供が)小さい時はね、子供のやることに乗ってたくらいで。でも、この間も、大竹(しのぶ)さんが番組出てきて言うてましたけども。

村上ショージ:はい。

明石家さんま:親戚が集まって、パーティーをよくやってたのを、「あなた、いつも大きな声出してたわね」って。

村上ショージ:パーティー好きですからね。パーティー類とか、親戚たちが集まるようなのが好きで。お葬式でも結構、盛り上げるタイプですよね?

飯窪春菜:ええ?!

明石家さんま:ふふ(笑)

村上ショージ:人が集まったら笑わせたいっていう。お通夜でも…

明石家さんま:お通夜は俺、悪くない。アレは、間寛平さんが悪いねん。ウチの親父が死んでね。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:みんな集まってくれて。密葬だったんで、近場の人ばっかり来て。ほんで、ショージも来てくれて。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:寛平さんも慌てて来てくれて。「密葬ですから良いです」って言ったんですけど、奥さんが「早よ行って。さんまさんのお父さんが亡くなったから、早よ行ってき」って言われて。奥さんにパパパって服を渡されて。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:ほんで、着替えて。パッと見たら、カッターシャツが奥さんのブラウスで。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:奥さんが間違って。レースが入った、カッターシャツで、ネクタイして(笑)

飯窪春菜:ふふ(笑)

村上ショージ:ずーっと首元を隠してんねん。

明石家さんま:「お父さんもね、今まで元気だったのに…」「いや、皆さん食べてくださいね」って。お寿司とかね。お寿司食べるのも、襟でずーっと隠しながら。「何してはんの?」って。何があったんかなって。

飯窪春菜:はい(笑)

明石家さんま:叔母さんとか来てる時に、まだずーっと襟を隠してるから。「兄さん、何でんのん?」って言うたら、「ごめん、さんまちゃ~ん」言うて。「これ、嫁はんがブラウス入れよったんよ」って。それで、大爆笑です。

飯窪春菜:そうですよね(笑)

明石家さんま:「アンタ、人の親の葬式、なんやと思ってまんねん!」「ごめん、嫁さんが…」「『嫁さんが…』やない。どっか、近場で買ってきてもエエやん」「いや、今日は乗りきれると思ったんよ」って言うて。「それなら、中、裸の方が気持ちエエわ、アホ」言うて。

鞘師里保:ふふ(笑)

明石家さんま:とうとう、親父の葬式まで大爆笑で。

鞘師里保:盛り上がってしまった(笑)

明石家さんま:アレ、親父怒ってると思うわ。「ゲラゲラ笑ってるわ」って。

鞘師里保:ふふ(笑)

【関連記事】
オードリー若林「自分の葬式に春日は出て欲しくない」

有吉弘行×マツコ、葬式の様子や遺体を撮影することに「葬式を日常の延長線/写真を日記として捉える人々」

千原ジュニア、桂文枝による桂米朝の葬儀での感動的な弔辞に疑問「『薬』という字は…」

蛭子能収、親の葬式でも笑ってしまう男が唯一大泣きした「妻の葬式」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,間寛平,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、ディズニーランドでチップとデールから握手を求められた過去「子供たちに尊敬された」

前の記事:明石家さんま、松坂桃李が木村文乃との間を取り持ってくれることに期待「松坂の頑張り次第で、付き合えるかも」