TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・田中、山口もえの連れ子に初めて「パパ」と呼ばれた瞬間を明かす「上の子の誕生日会で…」

爆笑問題・田中、山口もえの連れ子に初めて「パパ」と呼ばれた瞬間を明かす「上の子の誕生日会で…」

2015.10.07 (Wed)
2015年10月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二が、タレント・山口もえの連れ子である長女に、初めて「パパ」と呼ばれた瞬間について語っていた。

爆笑問題 田中のオトナスコラ (スコラムック)

田中裕二:付き合いだした時は、「(爆チュー問題の)たなチュー」って(子供に)呼ばれてて。「たまにくるおじちゃん」くらいから、徐々に徐々に「パパ」って。

太田光:ママと仲の良いおじちゃんだったんでしょ?最初は。

田中裕二:それね、そういう風に呼ばれてたってなってたけど、そうは呼ばれてなくて。最初は、「たなチュー」ですよ。

太田光:うん。

田中裕二:それがずっと長くて。そこから、半年~1年くらい前から「パパ」になったんだけど。

太田光:うん。「パパ」って最初に呼んだ時は、どういうタイミングだったんですか?

田中裕二:ふふ(笑)その質問も、結構ありましたね(笑)

太田光:どういうシチュエーションだったんですか?

田中裕二:子供の誕生日会があって。

太田光:上の子?

田中裕二:上の子の誕生日会をやっていて、いとことか友達とか、そのお母さんとかがいて。そこに、俺が仕事終わって帰ってきて。

太田光:うん、合流して。

田中裕二:そしたら、娘がバーって走ってきて。「パパ!」って来たっていうのが多分、俺の記憶では最初じゃないかな(笑)

太田光:おおっ…

田中裕二:覚えてないから、違うかもしれないけど…

太田光:お前、ドラマか?それ、ドラマか?

田中裕二:ドラマかな(笑)

太田光:日曜劇場?それ。ちょっと、石井ふく子さんに電話するわ。

田中裕二:電話してもしょうがないでしょ(笑)

太田光:電話番号知らねぇわ。日村に電話するわ。

田中裕二:日村に電話したってしょうがねぇだろ…「似てるだけだ」って言うのもおかしいだろ(笑)

太田光:はっはっはっ(笑)

田中裕二:…でも、その前にも呼ばれてたかも。

太田光:その時、ジーンと来たわけ?

田中裕二:「『あっ、言った…』って思いましたよ」って俺が言ったヤツね(笑)

太田光:やっぱり言って欲しかったんだ、それまで。

田中裕二:いや、言って欲しいってスゲェ思ってたわけじゃないよ。

太田光:「バカ」って言ったんじゃないの?それ(笑)

田中裕二:「バカ~」って来るか、それ。

太田光:聞き間違いじゃない?

田中裕二:聞き間違いじゃないよ。でも、そこはドラマ的に「言って欲しい」って思ってて、「うわぁ、言ってくれてありがとう!」って感動とは違いますよ。というのも、それは子供だから、色んな面があるから。機嫌が良いとき悪い時からね。ふざけてる時とかもあって。

太田光:うん。

田中裕二:前に、いとことかにはふざけて言う、みたいなのは俺の耳に入ってたの。知ってたわけ。「この間、言ってたよ」って。

太田光:「ウチのパパがね…」とかね。

田中裕二:そういうの言ってたとか知ってたし。だから、「父親として認めてくれた」って瞬間ではないんですよ、それは。

太田光:その子も、「言おう」と思って言ったんだろうね。

田中裕二:そう。それは、その状況だからっていうのは思ったよ。みんな周りに親しい人とかいるから。それはあるんじゃない?

太田光:へぇ。

田中裕二:子供ながらにね。発表じゃないけど。それは多分あるね。

【関連記事】
爆笑問題・田中、山口もえとの交際をひた隠しにしたのは連れ子のためと告白「子供のことを考え、結婚決まるまでは」

爆笑問題・田中、現在の豪邸から山口もえとの新居に引っ越しへ「子供の学校のこともあったり」

爆笑問題・太田、田中裕二が山口もえの連れ子とのエピソードに痛烈な一言「お前の人生、三流ドラマみてぇだな」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,田中裕二,山口もえ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題・太田、安藤優子のことを嫌いになった理由を明かす「こっちが挨拶したのに、挨拶せず無視」

前の記事:爆笑問題・太田、田中の急激な「父親」へと変化した発言に違和感「お前にそんな風に言われても、困るって」