TOP雨上がり決死隊べしゃりブリンッ! ≫ 「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!」が3月で終了へ

「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!」が3月で終了へ

2010.02.20 (Sat)
2010年02月17日放送の「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!」にて、同番組が3月で終了する、と明らかにされていた。2002年04月07日開始から、およそ8年の歴史に幕を閉じる形となる。

この日の放送は、『リアクション選手権』と題し、「このべしゃりブリンッ!は、3月をもって終了となります」の発表にリアクションを行い、そのリアクションの大きさを審査するという企画が行われていた。

番組冒頭、雨上がり決死隊の二人が行い、そのふざけっぷりから、その報告内容はウソかと思われたが、番組の進行に伴い、それが本当のことであると再発表されていた。

蛍原は「本当に3月を持ちまして、べしゃりブリンッ!は終了となります。ウソかと思われるかも知れませんが、これは決定しました。終わります」

「僕たちも先週辺りに聞かされました。3月を最後として、終わると言うことで…まぁ、ビックリしましたけど。リスナーの方々もビックリされたかも知れませんけど」と話していた。

さらに、そこから以下のようなことも語られていた。

宮迫は「もうサラっと終わりますよ。4月になったら、僕らはTBSラジオに来てませんよ。家で爆睡してます。でも、しんみりするのもアレなんで、(番組冒頭に)明るく楽しく、発表させていただきました」と語っていた。

このような中、『リアクション選手権』に突如として参加させられた森三中・黒澤かずこは、「えっ…えっ…」と絶句していた。「深夜のラジオ界はどうなっちゃうんですか…どういうことですか?べしゃりブリンッ!は終わっちゃうんですか?」と、なかなか理解できていないようだった。

「ホントに終わっちゃうんですか?イキリーさん(宮嵜ディレクター)が、TENGAの歌とか(TENGA音頭も)歌ったからですか?」

「平畠大先生(DonDokoDonの平畠啓史を、一年に一回、年末の番組に呼んでいる)とか、どうなっちゃうんですか?年末の恒例のやつも…Tシャツ(番組ノベルティ)とかもどうするんですか?出し惜しみして、全然捌けきってないじゃないですか」

「友近さんの濡れた話(友近本人曰く『非常に濡れやすい』とのこと。そのことが"濡れ姉"としてネタになる)とかまた、聞けるんですか?」などと、本当にリスナーらしく数々の番組の思い出を語っていた。

さらに、「この番組のお陰でブレイクすることができました。この番組で、『アメトーーク!』の企画、黒沢ナイトを企画していただけたことで、仕事をいただけた」と、感謝の言葉を述べていた。

【関連記事】
雨上がり決死隊・宮迫「芸人としてあるまじき運の無さ」

雨上がり決死隊「抱きたい女芸人について語る」

雨上がり決死隊 「しゃべくり007の裏話」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!
次の記事:ケンドーコバヤシ「宮川大輔の隠された一面」

前の記事:おぎやはぎ・小木「霊媒師を冷やかしに行く」