TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ・小木「霊媒師を冷やかしに行く」

おぎやはぎ・小木「霊媒師を冷やかしに行く」

2010.02.20 (Sat)
2010年02月16日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、小木がスピリチュアル・カウンセリングを受けに行ったことを話していた。話の発端は、小木の偏頭痛が酷く、病院に行ったがなかなか良くならないということだった。

小木は「最終的には、何かが憑いているんじゃないかってことで、火曜日に霊媒師の所に行ったんですよ。スピリチュアル・カウンセラーと名を借りているところなんですけど。そこに行ってきましたよ」と話し出した。

「暗い部屋で、お香の匂いが立ちこめるところでしたよ。その雰囲気のところで、偏頭痛のことを言うのが恥ずかしかったんです。霊媒師的な人のところで、急に『偏頭痛なんですけど…』って切り出すのはね」

「けど、言うしかないじゃない。そうしたら、病気のことを結構、相談されるみたいで『はいはい、偏頭痛ね』みたいなことを霊媒師が言って普通に受け入れていた。それで、『多分、霊みたいなモノが憑いてここに来ているのかもしれませんが、そういうことは一切ありません』って言われた」

「『あなたに、霊は憑いていません。あなたに、霊が憑くわけがありません。あなたの守護霊は半端ではないんです』って言われた。でも、そんなことを言われてもね…まぁ、嬉しいけど。ああいう人たちの仕事は、最初に『あなたにはお婆ちゃんがいて、あの時にこういうことをしましたよね。だから、今、こうなっています』とか、最初に何かピッタリと当ててくれないと、信じないじゃん」

そこから、さらに以下のような流れになっていったそうだ。

「それ(小木のことをピッタリと当てること)が無いままに話が始まっちゃったから、全然、信じられないの。ただ、嬉しいだけよ。悪い気はしないから。それで『どこに行っても偏頭痛が治らないんです』ってまた相談したら、すげぇ俺のことを薄目で見ているワケ」

「向こうも、偏頭痛の原因を当てにきているのよ。『小木さん、喉が悪いですね』って言われた。でも、俺は喉が悪いって言われたことが無くて。『うわぁ…外した。ヤベェ…この人、外した…』って心の中で思った。そこをズバリ言ってくれないと、信じられないじゃん」

「俺が不安そうな顔をしていたから、向こうも当てにいかないとって思ったんだろうね。その時ね、たしかに喉の調子はそんなに良くなかったんだろうけど」

「それでね、『喉の調子は悪くはないんですよ』って言って、首をちょっと動かしたの。首が原因だろうって当てるように、誘導しようとしたの。そこでまた外されると、テンションが完全に下がるからね。お金を払って行っているのにさ」

「そうしたら『首が原因じゃないですか?』って言ってくれた。誘導に乗ったのかなって思うんだけど、気づいてくれて良かったなぁって思って。それで、偏頭痛の話は終わっちゃった。『小木さんの偏頭痛は、どこに行っても治りませんよ』って言われちゃった」

「それで、今度は娘のことと、引っ越しのことを訊こうと思った。『引っ越しを考えていまして。それと、娘の学校を入れようと考えていて…』って言って。そうしたら、『娘さんは、私立に入れようと思ってらっしゃるんですよね』って言い出した。まだ1歳の子供のことを相談しているんだから、どう考えても私立に入れようと思ってるわけじゃん」

「俺がまだ不安そうにしているから、向こうも当てに来ているワケ。『目黒か世田谷ですね』って言われた。でも、よくよく考えてみると、私立ってそこら辺しかないんだよね。最初に俺は住所を渋谷区って書いているし。渋谷区の人間が学校に行くっていったら、目黒か世田谷くらいしかないよね」

「俺もそんなにテンション上がってない感じで『そうですね…』って言ったら、また当てないとと思ったんだろうね。俺のことを薄目で見ながら『小木さん、その学校って青学でしょ』って言った。俺は心の中で『外したぁ…』って思った」と話していた。

【関連記事】
おぎやはぎ・小木 「奥さんの隠された過去」

おぎやはぎ・矢作「芸人としての悲しい習性」

おぎやはぎ 「週刊誌のウソについて語る」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!」が3月で終了へ

前の記事:伊集院光が語る「仕事で失敗したときの立て直し方」