TOPナイナイのANN/岡村隆史のANN ≫ 岡村隆史、寺門ジモン直伝のクマ撃退法を専門家がスルーしたと明かす「『ああ、そうですか』って言わはれました」

岡村隆史、寺門ジモン直伝のクマ撃退法を専門家がスルーしたと明かす「『ああ、そうですか』って言わはれました」

2015.09.25 (Fri)
2015年9月24日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、ダチョウ倶楽部・寺門ジモン直伝のクマ撃退法を、専門家がスルーしていたと明かしていた。

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6
ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 207)

岡村隆史:寺門ジモンさんが言ってたじゃないですか。「(クマには)死んだフリしてもダメなんだ」って。死んだフリしても、クマって寄ってきますから。横隔膜を広げるような感じで、「ああっ!ああっ!ああっ!ああっ!」って言うことで、クマは恐れをなして逃げていくっていう。

それで、ジーっと自ら下がっていって、ゆっくり距離をとって逃げるっていう。これは、ジモンさんがずっと言ってますから。寝たふりしても、絶対にダメなんですって。

それで、この間、番組でヒグマに会いに行ったんですけど。『旅猿』で。でも、とにかく出たらゆっくり距離をとって、逃げるんですって。横隔膜の話をしたら、「ああ、そうなんですか」って言われただけですけど。クマの専門家の方に。

「あの、ジモンさんがね。『横隔膜を広げるように、ああっ!ああっ!…って言ったら、クは逃げていく』って言うたんですけど」って言ったら、「ああ、そうですか」って言わはれました。

諸説、色々あるんでしょうけど。死んだフリは意味がないって言ってましたね。

【関連記事】
水道橋博士が語る「武井壮と寺門ジモンの違い」

土田晃之、寺門ジモンが孤立したダチョウ倶楽部の「2対1の構図」になった理由を語る

ダチョウ肥後、寺門ジモンが肉・グルメなどに走り始めたきっかけは「水道橋博士のせい」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ナインティナイン,岡村隆史,寺門ジモン,ダチョウ倶楽部,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN
次の記事:岡村隆史、とにかく明るい安村がネプ・堀内健にマジギレしていたと明かす「海パン、1枚しかないんだぞ!」

前の記事:岡村隆史、ウーマン村本が芸人の悪口を言うことに苦言「僕は、お笑いのことを悪口言うたりしたことはない」