TOPケンドーコバヤシのテメオコ ≫ ケンドーコバヤシ「『エンタの神様』終了に思うこと」

ケンドーコバヤシ「『エンタの神様』終了に思うこと」

2010.02.06 (Sat)
2010年02月04日放送の「ケンドーコバヤシのテメオコ」にて、「エンタの神様」が今年3月で終了することについて語られていた。

「イロモネアが終了するということで…先週はエンタの神様も終了すると報じられていました。これは、お笑い大不況がやってきていますね。どうするんですか、ちょうど天津くらいの芸人たちは。これでレッドカーペットでも終了しようものなら…」

「実は、業界内で以前にも『エンタの神様が終わる』なんてウワサが流れたんです。その時に、初めてこのケンドーコバヤシに、エンタの神様からオファーが来たんですよ。『エンタの神様が終わりますので、コバヤシさん、ネタの添削や修正しませんので、最後と言うことで思い切りやってくれませんか?』って言われたんです」

「なかな男気のある番組だな、と思いましてね。『分かりました、そういってくれるのなら』と二つ返事で了承したんです。でも、番組が続くということになって『やっぱりいいです』という連絡が来たんです。今回も待ってるんですけどね、一切、話が僕の所にこないんです。最終回の収録をもうやったのかどうか分かりませんけど、スケジュールは空けておきますのでね」

さらに、以下のようにケンドーコバヤシは語っていた。

「(エンタの神様の出演などがあり)東京へ引っ越してこようとしている、芸人たちもいるでしょうね。タイミング的には。…今ね、エンタの神様が終わるという話が、酒の席にも出てね。みんなそれぞれの思いもあるみたいですね」

「ネゴシックスも『(エンタの神様が終わって)ざまぁみろって感じか?』ってイジられたりしてましたけどね。かつてはエンタの神様のスタッフを8人くらい連れて、風を切って歩いていましたけどね。一時期は、エンタの神様で最高視聴率をとったとかって言われていて、オファーの電話が鳴り止まなかったそうですけどね。それほど影響のあった番組ですからね」

「それが、パッタリと呼ばれることも無くなった。だから、(エンタの神様の)悪口を言うのかと思ったんですけど、『今は…寂しいっていうことしか言えないです』ってネゴシックスは言ってましたよ。『最後、もし華を添えてくれというのだったら、何を擲ってでも出させてもらいます』って、レモンサワーを飲み干しながら言ってましたよ」

「今のところは、そういうオファーは来てないみたいですけどね」と語っていた。

【関連記事】
出川哲朗を無言で黙らせた野爆・川島邦裕

ケンドーコバヤシ 「近藤光史からのオファーにビビる」

ケンドーコバヤシ「六本木で偽ケンコバが暴れている」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : エンタの神様,ケンドーコバヤシ,ネゴシックス,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ケンドーコバヤシのテメオコ
次の記事:アンタ・山崎「これからの若手芸人は、吉本に行くべき」

前の記事:「ナイナイのオールナイトニッ本」先行即売会の詳細