TOPオレたちゴチャ・まぜっ! ≫ 加藤浩次、映画『ジュラシック・ワールド』を4Dで体験して驚愕「もうアトラクションだよな」

加藤浩次、映画『ジュラシック・ワールド』を4Dで体験して驚愕「もうアトラクションだよな」

2015.09.06 (Sun)
2015年9月5日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽加藤・よゐこ有野のオレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(毎週土 26:00-28:45)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで映画『ジュラシック・ワールド』を4Dで体験したところ、今までの映画とは全く異なり、「もうアトラクションだよな」と語っていた。

映画 ジュラシック・ワールド ポスター 42x30cm Jurassic World ジュラシック・パーク クリス・プラット [並行輸入品]

加藤浩次:技術革新の話をしてたんだけど…この間ね、『ジュラシック・ワールド』観てきて。4Dで。

遠藤章造:ああ、4Dですか。

有野晋哉:『ジュラシック・ワールド』ですか。ようとれましたね。

加藤浩次:そう。今さ、六本木ヒルズ(TOHOシネマズ 六本木ヒルズ)で。2日前の深夜12時から予約を開始するわけね。チケットを。ものの5分で売り切れるわけ。

徳井健太:かぁ~スゲェ。

有野晋哉:とれないんですよ。

遠藤章造:何席くらいなんですか?4Dの。

加藤浩次:そんなに大きくないんだよ。300くらいかな…300もないか。

徳井健太:それが即完って凄いですねぇ。

加藤浩次:それで、ウチの嫁が深夜12時からやって、とったんだよ。

吉村崇:はい。

加藤浩次:それで行ったのね…アレ、凄いね。

徳井健太:ふふ(笑)

有野晋哉:何をやってくれるんですか、4Dって。

加藤浩次:言ったら…ディズニーランド行ったことある人だったら分かると思うけど、スターツアーズよ。スターツアーズのシートさ。

有野晋哉:うん。

加藤浩次:それで、風もくるでしょ、顔面とアキレス腱あたりに。

有野晋哉:ああ、シートの下から。

加藤浩次:あとは、ニオイもあるでしょ。

遠藤章造:ニオイって、ジャングルにいるような?

加藤浩次:そう、そう。それで、水がチャってかかってきて。ミストみたいなヤツ。

遠藤章造:ああ、ジュラシック・ワールドにもう行ってるんですね。

加藤浩次:ウチのチビ助とか背が小さいでしょ。俺は首元あたりに水がチャってかかってたんだけど、ウチのチビとかは3Dメガネにチャってかかってて、毎回、かかるたびにメガネ外して拭いてて(笑)

遠藤章造:はっはっはっ(笑)その間、観れないからね(笑)

加藤浩次:Tシャツでファーって拭いてて(笑)

遠藤章造:ああ、年齢制限とかないんですか?

加藤浩次:ない、ない(身長100cm未満は観賞不可)。

遠藤章造:小学生くらいやったら観れる感じの?

加藤浩次:うん。『ジュラシック・ワールド』だったらね。ストーリーがないから。

徳井健太:身長100 cmとかで制限あった気がしますけどね。

加藤浩次:身長制限があって。「もうこんな時代来たか」ってちょっと思ったよね。

有野晋哉:椅子は動かないんですか?

加藤浩次:動く、動く。当然、当然。

徳井健太:最高ですよね、アレ。僕もロケで行って。何個かあるんですよね。僕が行ったのは違うかもしれないですけど。

遠藤章造:うん。

徳井健太:もう、映画じゃないですもんね。

加藤浩次:そう。『ジュラシック・ワールド』で考えたら、もうアトラクションだよな。

遠藤章造:アトラクションなんですかね。

加藤浩次:映画じゃなくてアトラクション。

徳井健太:今までの映画も、やり直してくれっていうオファーもあるらしくって。

遠藤章造:ああ、なるほど。

徳井健太:ハチャメチャアクションを、今までは2Dでしか観れなかったヤツを。

加藤浩次:『ワイルド・スピード』とかやれば良いのにね。

徳井健太:凄いでしょうね(笑)ずっと風出っぱなしでしょ(笑)

加藤浩次:最新の『ワイルド・スピード』(「ワイルド・スピード SKY MISSION」あらすじ・ネタバレ)観た?もう、むちゃくちゃだよ。

有野晋哉:パラシュートでクルマ落っこちてくるヤツでしょ?

加藤浩次:そうそう。飛行機からクルマ落とすんですけど。もうメチャクチャよ。悪役がいて、クルマで来るでしょ?それで、主役もクルマ乗ってて。お互いにブレーキ踏まないでチキンレースみたくなるじゃん。正面と正面。

徳井健太:うん。

加藤浩次:普通、どっちかハンドルきるじゃん。ドーンってぶつかんだよ。

有野晋哉:両方、チキンじゃないんや(笑)

加藤浩次:両方、腹座ってるから。

徳井健太:エンディングですよね?(笑)

加藤浩次:ものの30分くらい。

徳井健太:だってそれ、助からないでしょ。

加藤浩次:ドーンぶつかって。首、コキコキって鳴らして、ドアから出てくんの(笑)

有野晋哉:ムキムキやもんな(笑)

加藤浩次:もう笑ったもんな(笑)

遠藤章造:でも、その4Dしんどいやろうなぁ(笑)

有野晋哉:シートベルト要るなぁ(笑)

加藤浩次:あのむちゃくちゃ加減にビックリした。

有野晋哉:もう一個前は、戦車vsクルマなんですよね。高速道路を戦車が走ってて、砲台から逃げながら、みたいな(笑)

加藤浩次:その正面衝突した敵に、バンバン攻められるわけ。家に爆弾仕掛けられたりして。「こっちから仕掛けなきゃ」ってなって。

遠藤章造:はい。

加藤浩次:「秘密裏にそいつを倒す」ってことになって。陸で行ったら相手に見つかるから、上から行かなきゃいけないって。上からクルマを落とせば、レーダーに引っかからない。「GOだろ」って(笑)

有野晋哉:それでも、レーダー分かるでしょ(笑)

加藤浩次:ハッチから、クルマごとスカイダイビングさ。ドスンって落ちた途端に、エンジン回してっから、そのままキキキキーって。

遠藤章造:着いてすぐ走りだすんですか。

有野晋哉:敵にはバレてないんですか?(笑)

加藤浩次:バレてない。最終的には、バレんだけどね。むちゃくちゃよ。…窓をぶち破って、隣のビルに飛び移ったり。もう、ずーっとその感じ(笑)

遠藤章造:ちょっとしんどいな(笑)

徳井健太:120分くらいあるんですか?なかなか疲れるでしょうね(笑)

遠藤章造:物凄い疲れるかもしれないですね(笑)

加藤浩次:…だから、もう分かれてるよね。映画として観る作品と、アトラクションとして観る映画。『ジュラシック・ワールド』は、アトラクション以外の何でもないよね。

徳井健太:それ聞いたら、4Dで観た方が良いですよね。

遠藤章造:ただ、いやらしい話、金額が…

加藤浩次:ヤバイよね。

遠藤章造:倍じゃきかないくらいですよね。

加藤浩次:3,700円くらいするよね。

徳井健太:ああ、家族で行ったら…1万超えますね。

【関連記事】
山里亮太、映画館のクレーム担当係の対応に疑問「問題の店員に指導すると言って5分で折り返しの電話」

伊集院光×本谷有希子、映画『12モンキーズ』で描かれる正常と異常の境目「妄想と現実の入れ替わる世界」

玉袋筋太郎、師匠・ビートたけしの映画を観る時に緊張するワケ「『アレ?』と思う映画も師匠は撮るから」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 加藤浩次,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オレたちゴチャ・まぜっ!
次の記事:ココリコ遠藤、よゐこ有野の映画『ジュラシック・ワールド』豆知識に驚き「ティラノサウルスは1作目のものと同一」

前の記事:明石家さんま、佐野研二郎がデザイン盗用疑惑で猛批判を受けていることに同情「あそこまで行ったら可哀想」