TOP木村拓哉のWhat’s UP SMAP / FLOW ≫ 木村拓哉、『ロングバケーション』最終回ラストシーンの生放送中継に言及「画期的っていうか、よくやったなって思う」

木村拓哉、『ロングバケーション』最終回ラストシーンの生放送中継に言及「画期的っていうか、よくやったなって思う」

2015.08.29 (Sat)
2015年8月28日放送のTOKYO FM系のラジオ番組『木村拓哉のWhat's UP SMAP!』(毎週金 23:00-23:30)にて、SMAP・木村拓哉が、フジテレビ系のドラマ『ロングバケーション』最終回のラストシーンがロンドンのHolland Park Avenueから生中継されたことについて語っていた。

ロングバケーション
ロングバケーション [DVD]

前の記事からの続き:
木村拓哉、大学院で「キムタク論」を研究しているという男性に興味津々「研究材料として、参加してみたい」

木村拓哉『ロングバケーション』の最終回の街の中を駆け抜けるシーン。あれは、生放送でした。ちょっと画期的な…画期的っていうか、よくやったなって思うんですけど。

あれ、場所がロンドンなんですよ。走り抜けている街中なんですけど。それで、ロンドンと日本の放送のタイムラグってあるじゃないですか。アレも計算した上で、「そろそろきますよ…はい、じゃあタイムラグもあるんで早めにいきます…用意、はい!」って。

当時、山口智子さんとロンドンの街を走りました。いつその放送が終わったのか、とか。「まあ、もう終わってんじゃね?」くらいの距離を2人で走らせていただいて。それで遠くの方からスタッフが「カット!」って。

それで「今、日本と確認してます」って。「あ、大丈夫だったみたいです。お疲れ様でした!」みたいな感じで終わりましたね。それで、たしかその時は…『青いイナズマ』かなんかのPVもたしかロンドンで撮ったんですよ。

色々、そういう撮影をSMAPで行ってましたね、その後は。2日間くらい。そのタイミングの時に、伝説のバンド・SEX PISTOLSが復活ライブだっていって、ロンドンに大きな公園があるんですけど、そこで「SEX PISTOLSの復活ライブがあるらしいよ。行くか?みんなで」って言って、ビクターの人が色々アレンジしてくれて、みんなで観に行きましたね。そういう感じだったかな。

【関連記事】
木村拓哉、ドラマでPCやスマホを使ったシーンでのスタッフの隠れた努力を明かす「電波が入らないスタジオでの苦労」

木村拓哉、ドラマ『ビューティフルライフ』で実際に髪を切って女性が引いていたと告白「緊迫した空気は、今でも覚えてる」

木村拓哉、映画『HERO』で「ダンプカーに撥ねられ打撲だけって…」とのツッコミに困惑「ギリギリ撥ねられたという解釈」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 木村拓哉,SMAP,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  木村拓哉のWhat’s UP SMAP / FLOW
次の記事:バナナマン日村、神田愛花と自分の両親とともにハワイ旅行をしたと告白「両親と、あと彼女さんで」

前の記事:木村拓哉、大学院で「キムタク論」を研究しているという男性に興味津々「研究材料として、参加してみたい」