TOPたまむすび ≫ 木村拓哉、大学院で「キムタク論」を研究しているという男性に興味津々「研究材料として、参加してみたい」

木村拓哉、大学院で「キムタク論」を研究しているという男性に興味津々「研究材料として、参加してみたい」

2015.08.29 (Sat)
2015年8月28日放送のTOKYO FM系のラジオ番組『木村拓哉のWhat's UP SMAP!』(毎週金 23:00-23:30)にて、SMAP・木村拓哉が、大学院で「キムタク論」なるものを研究しているという男性からのメールがきていることに興味津々の様子をみせていた。

テレビ朝日系 木曜ドラマ「アイムホーム」オリジナル・サウンドトラック

リスナーメール:33歳男性。大学院でキムタク論を研究している者です。いつも楽しく聴かせていただいています。前から、どうしても聴きたかったことがあるんです。

それは、『ロングバケーション』の最終回の街の中を駆け抜けるシーンです。このシーンが、生放送だったというのは、本当だったんでしょうか?DVDで何度観ても、生放送には思えず、もし生放送だったとしたら、当時の雰囲気はどういうものだったんでしょうか?

木村拓哉:…っていうメールが来てるんですけども。待ってくださいね。その前に、まず「大学院でキムタク論を研究している」っていうのは、何の研究をしているんですか?これは。

そしてこれは、大学院でやってるんですよね。どこの大学院なんですかね。いや、もしタイミングがあったら、その大学院というところに…だって、研究してくれてるんですよ。キムタク論を研究してるわけでしょ?チャンスがあったら、この大学院にちょっとお邪魔して、その研究に参加させていただいて(笑)

参加というよりは、研究材料として、参加してみたいんですけどね。これ、何をやってるんですかね。大学院の方でしょ?研究結果とか、お手数じゃなかったら、途中まででも良いんで、その研究結果というものを、この番組に提出してもらっても良いですか?

スゲェ数の書類が来ても面白いし、逆に「研究結果はこちらです」って、ペラッペラのA4サイズ1枚とかで終わっちゃっても面白いですけどね(笑)

【関連記事】
木村拓哉、松たか子とのデートロケに照れてしまったと告白「2人の照れがお互いをつつき合ってる感じ」

木村拓哉、SMAPライブの開演5分前に恒例となった「気合入れ」を語る「時間割に書いてあるんですよ」

木村拓哉、ドラマ『ビューティフルライフ』で実際に髪を切って女性が引いていたと告白「緊迫した空気は、今でも覚えてる」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 木村拓哉,SMAP,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:木村拓哉、『ロングバケーション』最終回ラストシーンの生放送中継に言及「画期的っていうか、よくやったなって思う」

前の記事:伊集院光×山田太一、未知のことばかりで失敗の多い人生について対談「エラーのない人生はつまらない」