TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、吉本芸人のサイドビジネス失敗談を明かす「8月に焼き芋を始めたとろサーモン久保田」

山里亮太、吉本芸人のサイドビジネス失敗談を明かす「8月に焼き芋を始めたとろサーモン久保田」

2015.08.08 (Sat)
2015年8月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、とろサーモン・久保田和靖のサイドビジネス失敗談について語っていた。

たりふた SUMMER JAM 14 山里関節祭り
たりふた SUMMER JAM '14~山里関節祭り~ [DVD]

山里亮太:とろサーモンの久保田が、何を思ったのか、「サイドビジネスを始める」って言い出して。

「めっちゃくちゃ儲かるサイドビジネスを見つけたんだ」って。「焼き芋屋ってめっちゃ儲かるらしいんだ」「へぇ」「芋の値段だけで良いし。あとは、火を入れるだけで良いんだ。めっちゃ儲かるんだよ。俺、焼き芋屋やるわ」って。

それで、荷台付きのクルマをネゴシックスと作って。2人で作ってさ。「荒稼ぎしたろうぜ」って言って作ったんだけど、始めた時期が8月っていう(笑)芋の単価が高い、芋を食いたい人がいないって時期に始めて(笑)

ブチギレて、ネゴシックスが泣きながらリアカーを壊したっていう(笑)「なんだこれ!焼き芋売れるっちゅうから作ったら、久保田、お前コラァ!」って。誰が悪いか分かる?2人の頭が悪いっていう(笑)やるなら冬だろっていう(笑)

アレ笑ったわぁ、久保田の焼き芋屋(笑)吉本の本社の裏に捨てられてんだよ(笑)

【関連記事】
明石家さんま、自分を過大評価して失敗を受け入れられず悩む人に贈る言葉「昨日より今日が頂点」

所ジョージ、失敗を恐れず挑戦することの大切さを語る「何でもできる自分が一番美しいって考え方、図々しい」

明石家さんま、島田紳助と一緒の営業で大失敗した若手時代「物凄いバカにされ、それがバネになった」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,とろサーモン,久保田和靖,ネゴシックス,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:山里亮太、TBS林みなほアナとの共演でファンからクレームを受けて皮肉「皆さんの頭の中では、付き合ってらっしゃるのかな?」

前の記事:土田晃之、スリムクラブ内間が9千万円の自宅を購入していたという事実に驚き「俺の方が全然仕事してるのに…」