TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、長嶋一茂のプロ初試合のホームランに芸人として勇気づけられていた「俺達も頑張ろう」

爆笑問題・太田、長嶋一茂のプロ初試合のホームランに芸人として勇気づけられていた「俺達も頑張ろう」

2015.07.22 (Wed)
2015年7月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、長嶋一茂のプロ野球選手としての初試合でのホームランに、芸人として勇気づけられたと語っていた。

ミスター・ルーキー
ミスター・ルーキー [DVD]

太田光:(若手時代、ネタに行き詰まりを感じていた)その頃に、長嶋一茂がちょうど鳴り物入りで。

田中裕二:話題は物凄いじゃないですか。なんと言っても、長嶋茂雄ジュニアだから。

太田光:もちろん、ミスターの息子ということで。

田中裕二:それで、ノムさん(野村克也)がとって、ヤクルトに来たわけですよ。

太田光:それで、「どうなんだ?親の七光りなんじゃないか」って。言ってみれば、アウェイでしたよね?

田中裕二:そうですね。

太田光:逆風の中で出てきて、初打席だよね?

田中裕二:初打席ではなかったかな。ガリクソンだったと思うなぁ。巨人戦で。

太田光:ガリクソンから打ったのか。

田中裕二:たしか、ホームランを打ったんですよ。

太田光:バックスクリーンの方のホームランを打ったんだよね。

田中裕二:ガリクソンからホームランを打ったんだよね。

太田光:それで、ちょうど俺のウチで稽古してる時に、その野球中継を観てて。

田中裕二:ナイター観てて。

太田光:「うわ、長嶋打ったよ!やったよ…このプレッシャーの中で、よくぞ打ったね」って話で。

田中裕二:うん。

太田光:「よし!俺達も長嶋が頑張ってる限り、俺達も頑張ろうな」って。

田中裕二:同い年だからね。

太田光:そうそう。

田中裕二:昭和40年生まれだから。

太田光:本当に勇気づけられたんだよな。

田中裕二:そうそう。お前の家でな。それはあったね。

太田光:アレは、本当に勇気づけられたね。

田中裕二:ええ。

太田光:それが「バカ息子」だもんね(笑)

田中裕二:いやいや(笑)話が飛び過ぎだろ(笑)

太田光:本当に可哀想だよ(笑)

田中裕二:20数年経ってるよ、もう。

太田光:本当に、江角の家に行って、落書きしてやろうかと思うよ。

田中裕二:そんなことないよ(笑)誰がどうしたのか分からないですけどね。

太田光:うん。

田中裕二:でも、良かったよね。

太田光:あの時は、勇気づけられたな。

田中裕二:そうそう。凄いなってやっぱり思ったよね。

太田光:プレッシャーを跳ね返すって、なかなかできないよ。

田中裕二:うん。

太田光:それで、やらないヤツがブーブー言うんだけどさ。あの打席に立ってみろって。あそこでホームランを1本打っただけで凄いんだよ。

田中裕二:そう。凄いね。

太田光:それを「長嶋の息子だから…」ってどうのこうのって。

田中裕二:まあ、言う人はいますよ。

太田光:喝っ!(笑)

【関連記事】
長嶋一茂、「バカ息子」と自宅の壁に落書きされた騒動を語る「明石家さんまさんのイタズラかと思った」

伊集院光、江角マキコの長嶋一茂 宅への落書き問題が面白い理由を「登場人物のキャラが漫画っぽい」

明石家さんま、長嶋一茂 野球引退後のタレント活動の道筋を作っていた「全てのレギュラー番組に呼ぶ」

長嶋一茂、三浦知良に引退勧告した張本勲の発言に意見「誹謗中傷を何でも言って良いとは限らない」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,長嶋一茂,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題・田中、野村克也と金田正一が会ってすぐにビンタし合ったことに驚く「もうね、怪物(笑)」

前の記事:爆笑問題・太田、テレビでは絶対に放送できない若手時代のコントを語る「原発問題を考える」