TOPたまむすび ≫ 町山智浩、実写版『進撃の巨人』の脚本を担当した不退転の決意「この映画の企画は文字通りジャイアント・キリング」

町山智浩、実写版『進撃の巨人』の脚本を担当した不退転の決意「この映画の企画は文字通りジャイアント・キリング」

2015.07.22 (Wed)
2015年7月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00 - 15:30)にて、映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の脚本を担当した映画評論家・町山智浩が、不退転の決意をして挑んだと語っていた。

小説 映画 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』 (KCデラックス)

前の記事からの続き:
諫山創、『進撃の巨人』の実写化に際してエレンのキャラクター変更を希望していた「巨人に恐怖する普通の青年に」

町山智浩:なんかね、「エレンとミカサが、映画ではラブラブ」みたいなことを言って、ファンの人は怒っているんですけど。

山里亮太:予告編かなんかでね、そういうシーンが出ちゃったんですよね。

町山智浩:そう。でも、そんなシーンじゃないし。先ほど話したみたいに(諫山創、『進撃の巨人』の実写化に際してエレンのキャラクター変更を希望していた「巨人に恐怖する普通の青年に」)、そんな甘っちょろいもんじゃないんで。

山里亮太:「エレンとミカサが、そんなことするわけないだろ!」って怒っていた人たちは、映画を観たら「ああ…、ああ…」ってなる(笑)

町山智浩:地獄に突き落とす話になっているんですよ。それで、普通は原作者と編集者って、映画化っていうことになったら、「あれが違う」「これが違う」って言ってくるもんじゃないですか。

赤江珠緒:はい、はい。

町山智浩:逆で。「映画として面白くするには、こんなことした方が良いよ」ってことばっかり言うんですよ。諫山(創)さんと、編集者の川久保(慎太郎)さんは。

赤江珠緒:へぇ。

町山智浩:たとえば、「立体機動」っていう武器があって。それで巨人を倒せるんですけど、「立体機動は、なかなか見せない方がいい。1時間ぐらい見せない方が良い」って言われたんですよ、2人(諫山創、川久保慎太郎)に。

山里亮太:はい。

町山智浩:だから、延々と地獄みたいな絶望が続くでしょ?

山里亮太:いや、本当もう…人間がただ単に喰いつくされていくだけの、恐ろしい地獄になってます。

町山智浩:そうなんですよ。だからこれ、凄いなと思って。さすが講談社を立て直した、サゼッションだな、と思いましたよ。

赤江珠緒:ああ。

町山智浩:あとね、今回は前編だけど、後編で完全に話を完結させるんですよ。

山里亮太:原作がまだ完結してないし、謎もまだいっぱい残ってるんですけどね。

町山智浩:原作、何もわからないですよ。巨人の秘密も分からないし、世界の秘密も分からないんですよ。でもそれ、全部決着つけますから。

山里亮太:っていうことは、オリジナルの…

町山智浩:そう。そのためには、悪役が必要なんですよ。敵役が必要なんです。でもそれも僕、原作に縛られていて、どうしたらいいか分からなかったんですよ。そうしたら、川久保さんが、「この映画、面白くなるかどうかは、あなたが作るキャラクターにかかっている」と言われてね。まあ、自分で一生懸命考えましたけどね。

赤江珠緒:へぇ。

町山智浩:でも、この2人は凄いなと思いましたね、本当に。

赤江珠緒:じゃあもう、(原作と)全く別物の楽しみ方ということになるんですね?

町山智浩:そうなんですけど、原作者と編集者が非常に深く関わってくれて。しかも、非常に重要な構造上のサゼッションもしてくれているんですよ。

山里亮太:へぇ。

赤江珠緒:町山さん、大変だったと思いますけど、映画作りにおいては、原作者の方とかと、凄くいい関係性だったわけですね。

町山智浩:今回、凄く良い関係でしたね。

赤江珠緒:ねえ。

町山智浩:ただ、ネットを見ても分かるんですけど、「実写化するな!」とか、散々書かれてますよ。「マンガの実写化は、成功したためしが無いじゃねーか!」とかね。「これが上手くいかなかったら、町山、映画評論家やめろ!」とか書いている人、いっぱいいますよ。

赤江珠緒:そこまで?

町山智浩:いっぱいいますよ。でも、この映画は、絶対に勝ち目のない戦いに挑む話なんだから、作る側もそうじゃなきゃおかしいじゃないですか。

赤江珠緒:おお。

町山智浩:主人公たちに申し訳ないですよ。この映画の企画は文字通り、ジャイアント・キリングなんですよ。だから、負ける可能性も高い。でも、やってみなきゃ分からないんですよ。

赤江珠緒:なるほど。

町山智浩:やってみなきゃ分からない。それをまた、「どうせ失敗する」とか言って、人が命懸けで戦っているのを冷笑して。自分は何にもしない人たちもいますけども。それはたしかに安全だけども、何もしなきゃ勝つ確率はゼロだから。

赤江珠緒:うわぁ。

山里亮太:今ね、町山さんが立体機動装置で飛んでるんじゃないか、と(笑)

町山智浩:巨人や、壁に挑むヤツを笑うな!

赤江珠緒:おおっ!(笑)

【関連記事】
ピエール瀧、映画『進撃の巨人』撮影現場で水原希子に興奮「完全にそういう目で見てます」

所ジョージ、失敗を恐れず挑戦することの大切さを語る「何でもできる自分が一番美しいって考え方、図々しい」

有吉弘行、実写化のキャストにケチをつける原作ファンを批判「じゃあ、自分で勝手に作ってろよ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 進撃の巨人,町山智浩,諫山創,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:山里亮太、広瀬すずへの気持ち悪い発言で視聴者からクレームを受けてショック「ジョークですやん」

前の記事:諫山創、『進撃の巨人』の実写化に際してエレンのキャラクター変更を希望していた「巨人に恐怖する普通の青年に」