TOPオレたちゴチャ・まぜっ! ≫ 加藤浩次、山本圭壱がライブの舞台に上がったことでおぎやはぎ矢作が泣いた理由を語る「お客さんが温かかった」

加藤浩次、山本圭壱がライブの舞台に上がったことでおぎやはぎ矢作が泣いた理由を語る「お客さんが温かかった」

2015.07.12 (Sun)
2015年7月11日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽加藤・よゐこ有野のオレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(毎週土 26:00-28:45)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、舞台『イルネス製作所』の千秋楽で、相方・山本圭壱がステージに上がったことで、おぎやはぎ・矢作兼が泣いてしまった理由について語っていた。

イルネス共和国
イルネス共和国 [DVD]

有野晋哉:ツイッターを元にしたニュースって、あんまり僕は信用しないんですけど、

加藤浩次:はい、はい。

有野晋哉:ツイッターのでニュースが上がってきたんですよ。色んな人がつぶやいたことを、ライターなのかがまとめ上げて、「こういうことじゃないか」みたいな。それで上がるニュースがあるんですけど。

加藤浩次:うん。

有野晋哉:舞台『イルネス製作所』の話が上がってきて。それで、矢作君が、山本さんを舞台に上げたっていう。千秋楽なのかな?

加藤浩次:うん。

有野晋哉:それがあったんですけど、一番気になったのが、「矢作、号泣」って書いてあるんですよ。矢作君、泣いたんですか?

加藤浩次:ふふ(笑)

吉村崇:めちゃくちゃ泣いてましたよ。

遠藤章造:それで言うと、「矢作・吉村、号泣」っていう。

有野晋哉:ああ、吉村も泣いた?

吉村崇:僕も泣きましたね。泣いたっていうか、僕は泣いちゃいけないって思ったんですよ。だって、あまり(関係深くないから)…

加藤浩次:泣くもんだなんて思ってなかったからね。

吉村崇:思ってなかったですよ。その楽しい感じに、グってきちゃって。

加藤浩次:不思議なもんでね。山本さんに対する思いとか、各々あると思いますから。この話、色んな気持ちになる方もいらっしゃると思いますけど。

遠藤章造:はい。

加藤浩次:『イルネス製作所』っていうライブをね、やってて。お客さんがやっぱり温かいっていうかね。

有野晋哉:はい。

加藤浩次:そこに多分、吉村も矢作も、グッとくるもんがあったのかなって。俺はそんな感じがあったんだけど。

有野晋哉:矢作君、泣かない人じゃないですか。

吉村崇:そうなんですよ。それ見て、俺、壊れちゃったんですよ。

加藤浩次:「何年ぶりかな、俺、泣いたの」って言ってた(笑)

有野晋哉:はっはっはっ(笑)

吉村崇:ビックリしちゃって。

加藤浩次:千秋楽でね。そこで「山本が今日、観に来るらしいぞ」みたいなことを、俺、言ってたんだよね。

有野晋哉:ああ。

加藤浩次:それはアイツも今、1人でライブやってたりとか。1人で営業行ってたりとかしてるから。

有野晋哉:うん。

加藤浩次:それで観に来るってなってて。「そうなんですか」って。矢作も、山本のことよく知ってるから。エンドの舞台のトークだよね。全部終わって。

遠藤章造:もろもろ終わって。

加藤浩次:「ありがとうございました」って時に、矢作が「浩次くん、今日、山さん来てるんでしょ?」みたいな感じで(笑)

有野晋哉:ああ、自分で言い出して?(笑)

加藤浩次:そしたら、お客さんが「え?どこどこ?」ってなったんだよな。

吉村崇:僕ら、見つけられなかったんですよ。

加藤浩次:そしたら、お客さんが「ここ、ここ」みたいな。「いるぞ!」みたいな感じになったんですよ(笑)

遠藤章造:ちょっと面白い空気ですね(笑)「極楽とんぼが、同じ空間におんのかい」みたいな。

加藤浩次:「いた、いた」みたいな空気になって、山本も立たざるを得なかったんだろうな。

有野晋哉:「どうも」みたいな感じじゃ終われないっていう。

加藤浩次:最初、立って会釈したよな。

吉村崇:最初、「X」ってやってたんですよ。「やめましょう」って感じで。でも、見たことない歓声というか、手拍子だから。

有野晋哉:手拍子で行進、みたいな(笑)

遠藤章造:「出てください」みたいな。

加藤浩次:オーディエンスに煽られるって、ああいうことなんだろうね。

吉村崇:そうですね。あれ、出なければ一生続いてますよね(笑)ずーっと続いてました。

遠藤章造:なるほど。

加藤浩次:立って一礼したら、またワーって盛り上がったよな。

有野晋哉:「一言くれ」みたいな感じになって?

加藤浩次:なんかやらなきゃいけないって感じになったんだろうな。

遠藤章造:芸人ですしね。

加藤浩次:そしたら、コミカルダンス始めたから(笑)

遠藤章造:え?客席でですか?

吉村崇:『イルネス』のテーマ曲みたいなのがあったんです。それが流れてて。それに急に乗せて、コミカルに来て(笑)

徳井健太:凄いですね、その反射神経たるや(笑)

加藤浩次:ノッて、徐々に舞台に近づいてきて(笑)「帰れ!」って言ったんだけどな(笑)

徳井健太:そういうコントですよね。逆に来ちゃったから、「帰れよ!」ってことで終わらすってことですよね。

有野晋哉:「×」って言ってた人が、音楽に乗り出したっていう(笑)

加藤浩次:それで、もう上がらないと終われないよな。ヤツは全く関係ないライブなんだけどね。

有野晋哉:それで、自分で誘っておいて矢作君、泣きだしたんですか(笑)

加藤浩次:矢作にしてみたら、俺ら2人をずっと昔から知ってるから。泣くとかそんな感じじゃなかったんだけどね。「もう、(山本)上がれ。上がって、ちゃんと挨拶しろ」みたいになって。

遠藤章造:はい。

加藤浩次:「極楽とんぼファンの方も、絶対、何人かこの中にいてくれてるから、その人たちのために、挨拶しなさい」ってことで上げたのね。それで、ツーショットになってる状態になるじゃん。

遠藤章造:ああ、ツーショットなんですね。

加藤浩次:そのツーショットを客観的に見てる矢作が、「ヤベェ、俺、なんか泣けてきた」って(笑)

遠藤章造:それ言ったんですか?(笑)

吉村崇:言ってました。もう大号泣です。

加藤浩次:それで、吉村が後ろ向きに涙をこらえて。

有野晋哉:吉村、そんな知らんやろ(笑)

遠藤章造:後から聞いたら、極楽さんの最後のライブの手伝いしたんでしょ?

吉村崇:手伝いしてて。

加藤浩次:俺、全然覚えてないの。吉村がいたことすら…吉村、本当に若手だったから。

遠藤章造:そうですね。

加藤浩次:極楽とんぼでやってた時も、それも同じ会場のグローブ座だったのよ。

遠藤章造:はい、たまたま同じところで。

加藤浩次:グローブ座っていう、東京の新宿の劇場で。極楽とんぼ単独ライブっていうのをやってて。そこに、ほとんど仕事もない、おぎやはぎも出てるわけ。極楽とんぼ単独ライブの手伝いに、おぎやはぎ。

遠藤章造:へぇ。

加藤浩次:幕間でちょっと出たり、エキストラでちょっと出たり。おぎやはぎもいたんですよ。

有野晋哉:9年前ですよね。

加藤浩次:うん。そこに、さらに役が少ないエキストラに、吉村がいたんだよ。

遠藤章造:なるほど。当時、本当に若手やし。

加藤浩次:そんなのもあったんだよな。同じ場所でっていう。

吉村崇:なんかね、美しかったんですよね。一連が(笑)

有野晋哉:美しくないやろ(笑)40超えたオッサン2人が(笑)

吉村崇:山本さんが来て。泣いちゃいかんって思ったんですけど。だって、俺が泣くの一番おかしいんですもん(笑)

加藤浩次:ふふ(笑)

遠藤章造:俺もネットで読んで、なんで吉村泣いてんだろうって思って(笑)

吉村崇:古参のメンバーみたいな感じで泣いちゃって、俺も(笑)

【関連記事】
おぎやはぎ矢作、極楽とんぼ復活に泣いてしまった理由を明かす「ただ単に面白い空気だからこそ、泣いた」

おぎやはぎ矢作、極楽とんぼ最後のライブの場所に加藤・山本が再び立ったことに感動「極楽とんぼは、俺らの師匠」

おぎやはぎ矢作、山本圭壱の謹慎明けライブに期待「8年経っても、何も変わらず錆びてない人」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,矢作兼,極楽とんぼ,加藤浩次,山本圭壱,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オレたちゴチャ・まぜっ!
次の記事:ココリコ遠藤、ノブコブ吉村が山本圭壱と話したこともなく極楽とんぼ復活に泣いたことへ疑問「お前が泣くの違うぞ」

前の記事:中居正広、亡くなった今井雅之のマネージャーから知らされた今井の思い「芸能人の友達は、中居だけ」