TOP中居正広のSome girl' SMAP ≫ SMAP中居正広、喉の腫瘍が良性と判明するまでの間に仕事への影響を覚悟したと告白「司会、芝居、歌も無理」

SMAP中居正広、喉の腫瘍が良性と判明するまでの間に仕事への影響を覚悟したと告白「司会、芝居、歌も無理」

2015.07.05 (Sun)
2015年7月4日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中居正広のSome girl' SMAP』(毎週土 23:00-23:30)にて、SMAP・中居正広が、喉の腫瘍を手術で摘出し、病理検査の結果、良性腫瘍であると判明したと明かし、その検査結果が出るまでの間、覚悟したことがあったと告白していた。

中居正広in「模倣犯」―ピースの世界

中居正広:喉の話ね。先週、喉の手術をしたって話をして。手術して4日後くらいに、検査しますって。そしたら、「中居さん、良かったですね。良性ですね」って(笑)

本当に良かったって。「もしこれが、悪性だったらどうしてたんですか?」って訊いたら、「放射線治療でしょうね」って。「若いので、進行も早いと思いますので」なんて話をしてて。

でも、俺もその時になったら、腹をくくらなきゃいけないなって思って。そしたら、ウチのパパと一緒で(中居正広、亡くなった父の肺癌・喉頭癌での闘病を語る「喉頭癌手術で飲まず食わず、喋れずの100日間」)、喉をとって、喉に穴を開けて。放射線治療の次(放射線治療が無効もしくは、再発・進行時)は、それですね、なんて言ってて。

これ、喉をとっちゃったら、喋れないじゃん。塞いで喋る方法はあるんだけど、まあ掠れて、ほとんど(声が)通らないから。

俺は、今日明日じゃないけど、この何年かで、「悪性で癌でした、とります」ってなったら、この50歳になるまでに、喉をとらなきゃならないわけよ。この7年か8年の間に。そうなった場合に、「司会は無理だな」とかさ。「芝居も無理でしょ、歌も無理でしょ…え?踊りだけ?」みたいなさ。

「パントマイムで何か面白いことできんのか?」って、色々考えたけど。「これ、エライことになったな…」って思って。結果が「良性ですよ」って出る前、「悪性だったら、どうだろうな…」って思ってて。

【関連記事】
中居正広、父親が亡くなる直前まで手料理を振る舞い献身的な介護をしていた「おにぎりも握ったことなかった」

中居正広、父親が亡くなる直前に自宅で過ごした様子を語る「最後に食べたのが、俺の作ったカレーだった」

中居正広、亡くなる直前の父を見舞った松本人志の言葉に感動「皆で一気に帰ったら、お父さん可哀想やん」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 中居正広,SMAP,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中居正広のSome girl' SMAP
次の記事:SMAP中居正広、父親と今井雅之の『遺言』により診察を受けて喉の腫瘍が発見されたと告白「検査しろ」

前の記事:明石家さんま、広瀬すずの頭をスリッパで叩いて大喜びされたと明かす「広瀬すずちゃん、本当に可愛い」