TOP出川哲朗と堀内健のオールナイトニッポン ≫ ホリケン、ラジオ番組でのフリートークがヒド過ぎて「フリートークのリハをやらされていた」と告白

ホリケン、ラジオ番組でのフリートークがヒド過ぎて「フリートークのリハをやらされていた」と告白

2015.06.20 (Sat)
2015年6月19日放送のニッポン放送系のラジオ番組『出川哲朗と堀内健のオールナイトニッポン』にて、お笑いトリオ・ネプチューンの堀内健が、『堀内健とビビる大木のオールナイトニッポン』でのフリートークが酷く、本番前にリハーサルをさせられたと明かしていた。

アリケン Vol.1 [DVD]

堀内健:ビビる大木と一緒に、オールナイトニッポンをやってたんですよ。

出川哲朗:凄い。

堀内健:その時はお台場で、有楽町じゃなくて。

出川哲朗:なるほど。

堀内健:有楽町の1時からのオールナイトニッポンは、今回が初めてだから。それも凄い感動してるんですよ。

出川哲朗:お台場なんて、ニッポン放送じゃないからね。

堀内健:ふふ(笑)

出川哲朗:やっぱり、有楽町ですよ、ニッポン放送は(笑)

堀内健:当時は、有楽町では吉野家の牛丼を本番中に食べたりしてるのを聴いてて。そういうの憧れるなって思ったら、お台場だったんですよ。

出川哲朗:なるほどね。

堀内健:だから、今日は凄い嬉しいんですよ。それで、大木との番組が終わって、なぜか大木だけが残ったんですよ。俺だけがクビになっちゃって(笑)

出川哲朗:はっはっはっ(笑)おいおい、ちょっと待て、ニッポン放送(笑)聞き捨てならないな(笑)ホリケン・大木のオールナイトニッポンでやってたのに、ホリケンが外されて、大木だけが残った、と(笑)ヒドイな(笑)

堀内健:そんなやり方ないよね(笑)

出川哲朗:どうせ辞めるんだったら、2人一緒に辞めさせて欲しいでしょ。

堀内健:大木は年下だし、先輩だけクビになるって(笑)

出川哲朗:ふふ(笑)LF、どういうことだ(笑)ホリケンに赤っ恥かかせんな(笑)

堀内健:ネプチューンが、段階を経て、大木に変わったっていうことで良いんですけどね。

出川哲朗:さっき、始まる前にちょろっと聞いたらさ、ネプチューンのオールナイトニッポンもさ、フリートークさ、一回、ディレクターの前でさせられてから(笑)

堀内健:違う(笑)それは、『ビビる大木と堀内健のオールナイトニッポン』の話で。

出川哲朗:ああ、大木とホリケンの(笑)

堀内健:あまりにも俺が…大木もかな。大木も被害を被って、何も喋れないから。当時、『ナインティナインのオールナイトニッポン』のディレクターやってた神田さんって人が、鬼コーチだったから。

出川哲朗:ああ、はいはい。

堀内健:「あまりにもヒドイな…こんなことは本当はご法度なんだけど、フリートーク、一回、聞かせてください」って言われて、本番前に(笑)

出川哲朗:はっはっはっ(笑)

堀内健:ディレクターは自分で聞かないで。自分は楽しみたいのか分からないけど、今いる作家の小野寺君と、スナオ君っていう若い作家の子の前で一回フリートークするんだけど、「もう、なんで俺、こんなことしなきゃいけねぇんだ」って思いながら。

出川哲朗:ふふ(笑)

堀内健:それが凄いイヤで。

出川哲朗:ふふ(笑)ヒドイよ(笑)

堀内健:スナオなんて、15くらい下なのに。なんでこんなバイトみたいなヤツに、フリートークしなきゃいけねぇんだって(笑)「ホリケンさん、ここ分かりづらかったから、ここ直してください」って言われて、なんで直されなきゃいけねぇんだ、みたいな(笑)

出川哲朗:ちょっと待って、赤っ恥だよ、ホリケン(笑)

堀内健:それで、2回やったら自分も面白くないですよね、フリートーク。

出川哲朗:そりゃそうだよね(笑)リハさせられてるんだもんね(笑)

堀内健:練習させられるくらいで、ウケないんですよ、フリートーク(笑)

出川哲朗:ホリケンは、ただでさえ自由奔放なキャラで売ってるのに、そんな男にフリートークの練習させるなんて、最悪(笑)一番やっちゃいけないことですからね(笑)

【関連記事】
ホリケン、ネプチューンのコントを再びやりたいと希望するも原田泰造・名倉潤は反対「年も年だし…」

ネプ堀内健、ダウンタウンに激怒されていた過去「アイツら誰やねん!」

有吉弘行、ネプチューン堀内健に「お前、俺のことバカだと思ってるだろ」と憤慨される


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 出川哲朗,堀内健,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  出川哲朗と堀内健のオールナイトニッポン
次の記事:明石家さんま、木村拓哉の服を息子が着るも残念な結果に「木村の服は、本人にしか似合わない」

前の記事:出川哲朗、ブレイクのきっかけとなった『ウンナンのANN』へ感謝「誰も知らない自分のコーナーを作ってくれた」