TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、TV番組のヤラセを疑う人ですら信じた『トゥクトゥクの旅』の神展開を語る「一回りして番組が信頼される面白さ」

伊集院光、TV番組のヤラセを疑う人ですら信じた『トゥクトゥクの旅』の神展開を語る「一回りして番組が信頼される面白さ」

2015.06.02 (Tue)
2015年6月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、テレビ東京の番組である『トゥクトゥクの旅』で、偶然にしてはよく出来ている展開にも関わらず、そのベタ過ぎる展開に、ヤラセを疑う人も信じてしまったという事例について語っていた。

ファミ通と僕 2000-2002 (ファミ通BOOKS)

伊集院光:先週、テレ東の『トゥクトゥクの旅』の話をして。『トゥクトゥクの旅』が、神展開で。途中で、乗ってたトゥクトゥクっていうタイの三輪タクシー。軽自動車どころじゃない小さい排気量のタクシーが、壊れちゃって。

ロケ続行が不可能になりかけたのを、ネットとかを当たった結果、すぐ近くの街の理容室のおじさんが、趣味でトゥクトゥクを持ってるってことが分かり、それを借りて急場を凌ぐっていう神展開だったって話をしたら、たまたまその翌々日に、テレ東の仕事でテレ東にいたら、『トゥクトゥク旅』のプロデューサーって人が、「ラジオで行ってくれたみたいで」ってことで、楽屋に顔を出してくれて。

楽屋で、『トゥクトゥク旅』のプロデューサーと話をしたんだけど、その時に、やっぱりガチ感凄いって話になった時に、やっぱりそれでもヤラセだって疑う人はいる、と。

そんだけ苦労してても、ヤラセだって疑う人がいるのと同時に、興味深いのは、「テレビなんかどうせやらせだ」って思ってる人が、最後の最後に、一番疑り深い人が信じるところっていうのが、「さすがにバカじゃねぇから、すぐ近くの街の理容室に、趣味で今までロケで使ってたのと全く同じ車種のトゥクトゥクを持ってる人がいました」っていうヤラセは、さすがにしねぇだろっていう(笑)

そこまでわざとらしいヤラセ、ないだろうっていう(笑)せめて色を変えるとか、違う設定をつけるだろっていうのが、いいことか悪いことか分からないけど。

そのプロデューサーは、色んなことを豪快に笑い飛ばす人で、「テレ東にそんなの用意しとく予算ねぇだろ」って信頼も含めて(笑)

一回りして、番組の信頼性みたいなものになってるっていうのが、面白くて。先週、「どうやったら、ずっとテレビを疑ってる人に信じてもらえるんだろう」みたいな。難しいのは、それが演出だとかヤラセとかのさじ加減は難しいけど、その疑いが的中する番組もあるんでしょう。さじ加減は別として。だから、なんとも言えないんだけどね。

たとえば、ねづっちとかが、毎日謎掛けをやってると、謎掛け脳が鍛えられるから、ありとあらゆる、何をやっても謎掛けが思いつくように、脳みそにそういうシワができるんだと思うんですよ。

あと、この間、ダーリンハニーの吉川くんっていう、ガチの鉄道マニアがいて。吉川君には悪いけど、普通のゴールデン番組のレギュラー陣に吉川君がいたら「なんでいるの?」って思うじゃん。でも、『タモリ倶楽部』の鉄道特集に吉川君がいないと、「なんでいないの?」っていうくらい、『タモリ倶楽部』の鉄道特集といえば、吉川君。

一緒に、NHKのBSの上野駅についての雑学みたいな番組で一緒になったとき、いてもおかしくないじゃん。吉川君は、ずっと鍛えられるてるから、ありとあらゆる普通のトークの中に、鉄道用語を入れられるわけ。「それじゃ、スイッチバック方式ですよ」みたいなヤツが入れられたりする。ずっとそのことを考えてるから、連想で言葉が出た時に、反射的に脳の鉄道の引き出しが引かれるんだろうね。その脳の回路ができてるわけ。

テレビを観てる時に、「テレビなんかダメだ。テレビはけしからん」ってシワができてる人は、絶対にそこにコース行くようになってると思うんだよね。だから、そのシワが回避できないとすると、そのシワを通って、次のシワを通って、「これに関してはヤラセじゃない」っていう。

一旦、「ヤラセなんじゃねぇか」って思って。でも、「テレビみたいなずる賢いヤツらが、こんな杜撰なヤラセはしない」っていうことで、信憑性があるように思ってもらうっていうことだと思うんだけど。

【関連記事】
爆笑問題・太田、ヤラセの話題で『クローズアップ現代』をネタに「ヤラセ?BPOに訴えるよ」

千原ジュニア、おのののかの番組でのヤラセを見抜く「わざと部屋を散らかしてた」

伊集院光が語る「『ほこ×たて』のヤラセの問題点」

チュート徳井、『テラスハウス』のヤラセ問題に言及「ヤラセではなく演出」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:よゐこ濱口、女子アナ同士で同僚の評価を下げる方法に恐怖「取材先からの電話に代わりに出て謝罪」

前の記事:伊集院光、歴ドルや鉄ドルなどのタレントの振る舞いの難しさを指摘「偏ってる"本物"はゴールデン番組対応できない」