TOP爆笑問題の日曜サンデー ≫ 爆笑問題・太田、今いくよ・くるよが互いに大病を抱えつつも漫才に打ち込んでいたと明かす「凄く一生懸命に練習して」

爆笑問題・太田、今いくよ・くるよが互いに大病を抱えつつも漫才に打ち込んでいたと明かす「凄く一生懸命に練習して」

2015.06.02 (Tue)
2015年5月31日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日 13:00-17:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、今いくよ・くるよのいくよが胃癌で亡くなったことを受け、2009年に相方・くるよ自身も心筋梗塞で倒れ、互いに大病を患いつつも、漫才に打ち込んでいた様子について語っていた。

2015年度版 漫才 爆笑問題のツーショット
2015年度版 漫才 爆笑問題のツーショット [DVD]

田中裕二:去年、(今いくよが)癌であることを公表されたわけで。僕らでやってる『爆報!THEフライデー』という番組でも、密着をさせていただいて。

太田光:うん。

田中裕二:その時は、闘病生活ではあるんですけど、それでもお元気な姿を見られて、ちょっと安心はしていたんですけども。

太田光:最初に、くるよ師匠が倒れられて。

田中裕二:はい。

太田光:それで、いくよ師匠が凄く頑張って献身的に看病して。そしたら、今度はいくよ師匠がってことで。

田中裕二:ねぇ。

太田光:残念だね。

田中裕二:まだお若いですからね。67歳ですからね。

中村尚登:お2人は、高校時代からの親友ということですからね。

田中裕二:はい。

太田光:僕らも何度か、ネタ番組で共演させていただきましたけど。ある時期は、ちょっとネタが…我々の目から言うのも生意気ですけど、「ちょっと、上手くいってないな」って時もあったけど、凄い一生懸命に練習してやってる姿を思い出しますけど。

田中裕二:そうですね。

太田光:くるよ師匠が、「大丈夫かな?」って思って。本当に仲の良いお2人だったから。でも、あの記者会見を見た時に、「くるよ師匠は立派だな」って思って。ちゃんといくよ師匠の面白かったところとか、素晴らしかったところとか。

田中裕二:うん。

太田光:本当に、みんなに伝えていて、凄いなぁって思って。

【関連記事】
明石家さんま、今いくよの訃報に寄せて思い出を語る「会えば、物凄い褒めてくれはった。優しい姐さん」

爆笑問題が語る、同期芸人・春一番の訃報「プロレスとお笑いとお酒…その人生を全うした」

爆笑問題・太田、たかじんさんの訃報に「やさしい人だった」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の日曜サンデー
次の記事:爆笑問題・田中、ヤンキース田中将大投手の負傷後初の先発について言及「本人はもう、至って冷静」

前の記事:中居正広、友人・松本人志との親交のありがたさを改めて実感「俺、この人に惚れてよかったな」