TOPアンタッチャブルのシカゴマンゴ ≫ アンタ・柴田 「長渕剛の楽屋に挨拶に行く」

アンタ・柴田 「長渕剛の楽屋に挨拶に行く」

2009.12.06 (Sun)
FRIENDS(初回限定盤)(DVD付)2009年12月03日放送の「アンタッチャブルのシカゴマンゴ」にて、柴田が長渕剛のアコースティックライブを観に行ったことを話していた。柴田は長渕剛のファンであり、シークレットライブなどにも行ったことがあったそうだ。

11月30日に大宮ソニックシティのライブを観に行ったという柴田は、3時間(18時半~21時半)にもおよぶライブの終了後、長渕剛の楽屋に通されたのだという。

「ステージを通って、楽屋に案内してもらった。そこには色んな機材があって、それにも少し圧倒される感じで。俺(柴田)と、くりぃむしちゅーの上田さんと、ほたるげんじの桐畑トールもいた。それで『グッバイ青春とか、よかったねぇ~』とかって言いながら、楽屋に行ったの」と話していた。そこから、以下のようなことがあったと語っていた。

「上田さんとかは、すごい親しくって、普通に飲みに行ったりするみたいよ。この前は、ライブのステージにあがったりしてるんだよ。ライブ前に楽屋に挨拶しにいったら、『おぅ、久しぶり。今日、"ろくなもんじゃねえ"歌っていけよ』って言われたらしい」

「『そんな、マズいですって。お客さんが冷めますよ』とかって言ったんだけど、『今日はゲストが来ている。上田晋也!』って紹介されちゃったらしい。すごい盛り上がったんだって。それで一緒に歌ったらしいよ。歌は上手い方じゃないけど、ファンの前で歌えないとか、そういう失態は晒したくないし、芸人としてやるしかないよね。腹をくくって歌ったみたいだよ」

「上田さん的には、最高の思い出だよね。それで、今回のライブ終わりでも、まずは上田さんと握手して、俺にも握手してくれた。『おぅ!』って言ってくれて、知ってくれているテンションだった。本当に嬉しかった。テンション上がったよ」

「『長渕さん、実はボクも何度もライブには来させていただいています』って言って、『3時間、フルテンションでスゴイですね、疲れませんでしたか?』とか話しかけることができた。その時は、上田さんも少し、俺に譲ってくれるの。その余裕も、ちょっと気に入らないんだけどね」

「ひとしきり喋って、『また会おう!』みたいに言ってくれて、最後には写真も撮ってくれた。近いスパンで、もう一回ライブに行きたいなぁ。名前を覚えてくれると嬉しいんだけどね。連絡先の交換なんかは出来なかった。まだ早いと思って」と話していた。

【関連記事】
アンタ・柴田「長渕剛のライブを観に行っての驚き」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 長渕剛,柴田英嗣,上田晋也,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アンタッチャブルのシカゴマンゴ
次の記事:爆笑問題・太田 「天津・木村に浴びせた言葉」

前の記事:アンタ・柴田「長渕剛のライブを観に行っての驚き」