TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、ドローン使用による花火大会での事故が起こることを予想「やらかすヤツ、出ると思う」

伊集院光、ドローン使用による花火大会での事故が起こることを予想「やらかすヤツ、出ると思う」

2015.05.19 (Tue)
2015年5月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、小型無人機「ドローン」の使用により、花火大会で事故などが起こりうるのではないか、と予想していた。

ファミ通と僕 2000-2002
ファミ通と僕 2000-2002 (ファミ通BOOKS)

伊集院光:ブックメーカーだったら、倍率低めな予想だけど、花火大会でやらかすヤツ、出ると思う。

というのは、海外のドローンのメーカーが出してる映像が、花火の炸裂した中に行って、そこから撮ってる映像がスゲェっていうの出してるの。ドローンの第一人者のメーカーなんだけど。



もう、隅田川花火大会あたりは、持ち込み禁止、飛行禁止にしようとしてるみたいだけど、田舎の花火大会とか、そういう規制に遅れをとる気がするんだよね。そうすると、それは大変なことになるよ。

凄い映像は撮れるかもしれないけど、大変なことになるじゃん。だから、全国で何ヶ所かは、起こるんじゃないかって。

あと、もちろん人混みの中に墜落するのとかはダメですよ。あと、さっき言った、ドローンが家電量販店で売るような領域までテクノロジーがきてるかどうか論ってところがあって。

初期のパソコンも、マニア向け。「パソコンなんていうのは、マニアが使うもの」である頃は、壊れたりするのも含めてパソコンっていう。「なんだか分からないけど、今日は起動しない」ってことも含めてパソコンで、それに対応出来る能力のある人が持つものだけど。

でも、それが誰でも当たり前に使えるようになると、それでは困るわけじゃん。それは不良品ってことになって、ダメになるわけじゃん。そうなると、今のドローンに必要なことは、凄いメカニカルでしょ。SFチックじゃん。

あのフォルムを変えると良いと思う。今の性能だと、落下するのもあるし、コントロール不能に陥ることもあるから。アレを、おっちょこちょい天使の形にするの(笑)自分の周りを飛んでるんだけど、たまに墜落する、と(笑)

墜落する時に、「お腹が減ったよぉ~」みたいなことの音声さえ出してれば、多分、落っこちても「可愛いな」って。「ごめんな、お前」ってことになると思うんですよ。言うこときかない時にも、今のドローンの形だと、SFでいう、コンピュータの氾濫っぽいことになるじゃないですか。

それが、おっちょこちょい天使だったら、「お前は、おっちょこちょいだな」ってことになるでしょ。そういう、三位一体です。テクノロジーの進化と、規制。あと、フォルムをバカっぽくするってことで、ドローンの飛ばしやすい世の中を作っていくと良いと思うんですよね。

【関連記事】
伊集院光、進化するドローンの機能と厳しい規制による問題を語る「買っても実用的には飛ばせない状況も」

伊集院光、小型無人機・ドローンで撮影された衝撃映像を語る「秘境駅、ドローンを叩き落とした猿」

伊集院光、首相官邸ドローン落下事件での規制強化の動きに疑問「警備態勢は、警備態勢で考え直すべき」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,ドローン,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:田村淳、ネット上の意見で多数派が正義だと勘違いされやすいことに警鐘「全員がコメントを書くわけではない」

前の記事:伊集院光、進化するドローンの機能と厳しい規制による問題を語る「買っても実用的には飛ばせない状況も」