TOP中居正広のSome girl' SMAP ≫ 中居正広、亡くなった父親が「生きてる」という夢を見続けていたと明かす「起きた時のショックが…」

中居正広、亡くなった父親が「生きてる」という夢を見続けていたと明かす「起きた時のショックが…」

2015.05.17 (Sun)
2015年5月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中居正広のSome girl' SMAP』(毎週土 23:00-23:30)にて、SMAP・中居正広が、肺癌・喉頭癌で2月19日に亡くなった父親が「実は生きている」という夢をしばらく見続けていた、と明かしていた。

白い影 その物語のはじまりと命の記憶 [DVD]

中居正広:亡くなった後も、週2~3回行って。捨てるものもあったから。なかなか1人でやるのもヘビーで。ゴミ袋だけで、20~30個分あるからね。でも、チビたちがね、たまに来てくれて。春休みだったから、手伝ってくれて。

高さ1 m、奥行き30 cm、横 20 cmくらいのボードがあって。書類入れみたいなので、薄い引き出しで、どんな書類入ってんのかって思ったら、みんなTシャツ入ってんのよ(笑)1枚1枚(笑)Tシャツとか、ゴルフ用のポロシャツが1枚ずつ入ってて。几帳面かって。

でも、なかなかウチの親父は手強いですね。夢見るのよ。何回も見たんだけど、「生きてんじゃん」って夢を見るのよ。これ、起きた時のショックっていうのが…「あれ?なんだよ、生きてんのかよ」って、遊んでるんだよね。

目が覚めた時、わけわかんないよね。「どっちが夢かな?こっちが夢かな?」って思っちゃう。起きた時が夢かなって思っちゃう。

「あ…そうか、死んでんだ」って。だからもう、2月から3月って、特番シーズンだったんですけどね。なかなか手強かったですよね、お父さんは。でも、良いお父さんだったよ。最後ね、お棺の中で手紙を書いて。お父さんへの思いをいっぱい書いて、一緒に焼いてもらったかな。

そんなんで、落ち着いたということなんで、このような時期に、お伝えすることになったんですけども。テレビにも、『27時間テレビ』とか、『めちゃイケ』とかも出てたしね。ライブとかのVTRとかも出てたりしたから。(事情を)知ってる方もいらっしゃるのかなって思いますけど。

あっちの世界でも、元気でやってるんじゃないのかなって思いますけども。色々と、お父さんの話とか、この番組等でお伝えさせていただきましたので、とりあえず2月19日に亡くなったこと、ご報告させていただきました。

【関連記事】
中居正広、肺癌・喉頭癌で亡くなる間際の父親の様子を語る「生き地獄だね。ずっと痛くて苦しいんだって」

中居正広、父親が亡くなる10日前にドライブで一緒に地元を巡っていた「今日じゃないと、ダメな気がする」

中居正広、父親が亡くなる直前に自宅で過ごした様子を語る「最後に食べたのが、俺の作ったカレーだった」

中居正広、特番『僕はこう死にたい』放送日と父親の通夜の日が重なったと明かす「台本を父親が読んでいた」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 中居正広,SMAP,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中居正広のSome girl' SMAP
次の記事:明石家さんま、『27時間テレビ』総合司会の打診があったが断ったと明かす「なんせ舞台中ですし」

前の記事:中居正広、特番『僕はこう死にたい』放送日と父親の通夜の日が重なったと明かす「台本を父親が読んでいた」