TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、マスコミが騙してでも取材を行う姿勢に「昔からマスコミは変わらない」

爆笑問題・太田、マスコミが騙してでも取材を行う姿勢に「昔からマスコミは変わらない」

2015.05.06 (Wed)
2015年5月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、マスコミが対象を騙してでも取材しようとする姿勢について語っていた。

2015年度版 漫才 爆笑問題のツーショット
2015年度版 漫才 爆笑問題のツーショット [DVD]

太田光:小林秀雄さんの講演なんか聞いてると、まあ桜のことをボロクソに言ってるわけですよ。「桜を有難がってますけどね、あんなものは、醜悪なものです」って。

田中裕二:うん。

太田光:「ソメイヨシノっていうのはね、文部省と国家の陰謀ですよ」って。それは要するに、山桜ってものが、本来の桜なんだ、と。

田中裕二:うん。

太田光:本居宣長の研究をしてたら、本居宣長の愛した桜というのは、山桜のことだ、と。そういうことを言ってて。要は、日本のソメイヨシノっていうのは、育てやすいんですよ、と。すぐ育つから。

田中裕二:うん。

太田光:「でも、あんな醜悪な花はないでしょ?」って言うわけ。というのは、花だけ咲いて、パッと散る。山桜というのは、ちゃんと草と花が同時に出て、あんな風にならない、と。

田中裕二:うん。

太田光:「本当の桜というのは、匂うんです」って。実は、桜の職人っていうのが、いたんだって。

田中裕二:うん。

太田光:その人は、なんで桜の専門家になったかっていうと、その人の父親が、まあ稼いだんだって。何をやったんだか知らないけど、凄い一代で財産を築き上げた。

田中裕二:うん。

太田光:息子に全部残したんだって。財産をね。それで、息子に言ったんだって。「俺は稼いだ。お前はつかえ」って。要するに、俺は稼ぐだけ稼いだから、お前は学校なんか行くな、会社勤めなんかしなくていい、と。しなくて良いほどカネがあるから、「お前はただただ好きなことしろ」って。

田中裕二:うん。凄いね。

太田光:それで、その人は、大学は行ったらしいんだけど、でも、定職につかず、ただただ桜を育てたんだって、一生。

田中裕二:それがさぁ、いいよね。自家用ジェットを買う、とかって方向に行かなくてさ(笑)

太田光:花が好きだったんだって。山桜っていうのを研究して研究して。土から研究して。その山桜は、育ちにくい。それで、「この土が、一番適してる」って調べて。自分で育てて、それを無償で欲しいという人に配ってたらしいんですよ。

田中裕二:ほう。

太田光:国家が、ソメイヨシノを学校に埋めていった。でも、その人にとっては、「もう一度、山桜を日本に戻したい」っていうのが、夢だったらしい。

田中裕二:へぇ。

太田光:ところが、戦後、空襲で全部燃えた後に、どっかの市長だか町長さんが、「ここに山桜を全部植えて、桜並木を作りたい」って言って。それで、「やっと俺の時代がきた」って大喜びしたんですって。「全部無償で植えますよ」って、計画は進んだんですって。

田中裕二:うん。

太田光:ところが、地元の農家の人たちが反対したんだって。「こんなところに桜の木を植えられたら、俺たちの畑が全部日陰になってしまう」と。

田中裕二:ああ、なるほどね。それはしょうがない。

太田光:それで、地元の反対にあったんだって。その農家をその桜職人の人が、全部、説得してまわったんだって。

田中裕二:うん。

太田光:「木が育って、花が咲いてごらんなさい。どれだけ綺麗か。そうすれば、人が集まり、あなたたちもきっと、喜ぶ。その間、日光も差しますから。春になったら、あなたたちも花見もできるし、みんな人が集まり、ここは栄えますよ」って、一軒一軒、説いて回ったらしいんだよ。

田中裕二:うん。

太田光:それで、そうなるってなった時に、新幹線がそこを通るかなんかで。全部、計画が台無しになったらしいんだよ。

田中裕二:ああ。

太田光:ガッカリしてしまって。それで、今度はその人の持っている、一番ヤマザクラが育つ土地に、新幹線がちょうど通る、と。そこを立ち退かないって主張してたんだって。

田中裕二:うん。

太田光:そしたら、NHKのラジオの取材記者が、「あなたの話、聞きました。ヤマザクラって、素晴らしいんですよね。ぜひ、そのことを今、私達の番組で取り上げさせていただきたい」っていうんで、「これは、天下のNHKが取り上げてくれるんだ」って、喜んでインタビューに答えたんだって。

田中裕二:うん。

太田光:でも、オンエアを聴いてみたら、「新幹線の立ち退きをゴネているバカなヤツ」みたいなことで使われてたんだって。

田中裕二:ええ?!マジで?

太田光:それで、物凄い怒ってたんだって(笑)

田中裕二:ふふ(笑)いつの話だよ(笑)

太田光:小林秀雄に、その愚痴をこぼして。一生、その人は恨みしかなく死んでいったんだって(笑)

田中裕二:可哀想っちゃ可哀想だね(笑)

太田光:だから、昔から、マスコミというか、そういうのもそうだし。変わんないっちゃ変わらないって結論になるけどさ。

田中裕二:そうだね(笑)NHKの話。

【関連記事】
池上彰、マスコミ・記者が取材のための特権を与えられている理由「国民の知る権利に奉仕するため」

カンニング竹山、つまようじ男事件でのマスコミの対応を批判「報道のプロがネットに踊らされてる」

所ジョージ、苦境ばかりを報道しがちなマスコミへ「たとえば、猛暑の時には涼しい場所を報じて」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,田中裕二,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:友近、爆笑問題のラジオ番組にマネージャーが遅刻して新曲PRできず激怒「アイツ、最悪やで」

前の記事:爆笑問題・田中、ドローンで撮影した番組映像での変化を指摘「『許可をとって撮影しました』とテロップ」