TOPアンタッチャブルのシカゴマンゴ ≫ アンタッチャブル山崎 「高須クリニック院長に爆笑」

アンタッチャブル山崎 「高須クリニック院長に爆笑」

2009.11.22 (Sun)
お笑いTYPHOON ! DVD アンタッチャブル ~できませんはいいません~2009年11月19日放送の「アンタッチャブルのシカゴマンゴ」にて、Qさまに出演した山崎が収録中のスタジオで爆笑していたことを明らかにしていた。話の発端は、その日の「オーバー60!人生のベテランインテリSP」でクイズを行っていたときのことだった。

「プレッシャーSTUDYで、60歳以上の三遊亭小遊三師匠とか、矢崎滋さんとか、大和田伸也さん、大塚範一さんとかが出てた。あと、Qさま助っ人で、前田アナ、伊集院さんとかが出てる。多分、伊集院さんはQさまに最多出場じゃないかな」

「その中の最年長で、高須クリニックの院長(高須克弥)が出てた。そんな中に俺も出てて、『山崎くんは、60越えているんだ』とかイジられてね。矢崎さんがね。『来年には、60になっちゃうんじゃない?』とか温かい感じでイジられた」

「その中のクイズで、写真を引きの画で映して、段々と寄っていく、それでその動物の名前を答える、みたいなのがあったんだよ。今回は、『"お"の付く動物』ってくくりで、クイズが出てた」

そこで、以下のようなことがあったそうだ。

「それでね、高須先生が7番目くらいで順番が来ていた。それで、問題の8番を選んだのかな。そうしたら、『オカピ』が出ているワケですよ。それが答えね。でも、高須先生は分からなかったみたいで、『オ…ピ』って書いてて、惜しいなって感じだったんだけど、『オピタカ』とかって答えを書いてた。なんだそれ、って感じだけどね」

「それで、『6番!』って言って別の問題に答えることになったの。それの答えは『オコジョ』だったんだけど、間違えて『オセロット』って回答してた。それで、『8番!』っていって、元の問題に戻ったの。もう少しで答え出そうだからね。それで『オ…ピ』ってまた書いてた」

「それで『チェンジ!チェンジ!』って言うんだけど、また8番を選んじゃってたの。それで、またゆっくりとオカピが近づいてくるの。2度目のオカピよ。『また出番?』ってオカピも思ったんだろうね」

「また『チェンジ!チェンジ!』って言って、問題を換えたんだけど、今度はまたオコジョが出てくるの。そしたら、今度は『オ"ミンク"』って書いちゃって。似ているのかも知れないけど、ミンクに敬っちゃって。大爆笑ですよ。でも、本人はいたって真剣だから」

「結局、答えられなくて。残り30秒で『オミンク』って書いちゃって、クリアできなかった。『オミンク』には笑ったなぁ~」と語っていた。

【関連記事】
アンタッチャブル柴田「バカリズムからの不思議な電話」

アンタッチャブル山崎 「大沢あかねが『クリちゃん』と連呼」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : アンタッチャブル,Qさま,高須克弥,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アンタッチャブルのシカゴマンゴ
次の記事:伊集院光 「ベッキーなどのガールズトークを語る」

前の記事:加藤浩次 「めざましテレビ・大塚アナは童貞」