TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林、ディレクターと出演者の確執をそのまま放送した番組に驚き「もう二度と会いたくない、と」

オードリー若林、ディレクターと出演者の確執をそのまま放送した番組に驚き「もう二度と会いたくない、と」

2015.03.16 (Mon)
2015年3月14日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、女性ディレクターと女性の出演者が確執を残したまま最終回を迎えたというフジテレビ系の番組『未来ロケット』について語っていた。

社会人大学人見知り学部 卒業見込
社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)

若林正恭:『未来ロケット』という番組をやらせてもらってたのが、今度、終わるんですよ。

春日俊彰:ああ、そうですか。

若林正恭:最終回(3月21日放送予定)を撮ったんですけど、落語家を目指してる女性と、音楽をやりたいのか、映像監督をやりたいのか、夢の定まらない女の子が同居してて。それで、クローゼットの戦い(オードリー若林、女性2人のガチなケンカを放送した番組『未来ロケット』に驚き「30分番組で20分ケンカ」)があったっていう。

春日俊彰:はい、はい。

若林正恭:それで、もう1人、モデル志望の子が入居したんですけど、プロのモデルさんの現場を見に行って、話を聞くっていう企画をやった時に、「私には無理です」って帰っちゃったんですよ。

春日俊彰:ああ、まあまあ、それも1つの決断だからね。

若林正恭:それで、その家に8ヶ月、ずっと住んできたんですよ。ラクミンとマリエちゃんっていうのが。それで、いよいよ最終回だから、結構、感動になるぞって思って。VTRに行く前に思って。

春日俊彰:うん。

若林正恭:高畑充希ちゃんと、(NEWS)増田貴久くんもいて。感動のVTRだったら、どうやって話を回そうかなって思って、考えながら観てたんですよ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:そしたら、思いもよらない方向に行って。2人の女性と、密着していた女性ディレクターが、1対2で、めちゃめちゃ仲が悪かったっていうテーマで終わったの。凄いでしょ?

春日俊彰:ふふ(笑)

若林正恭:ビックリして、俺。物凄い後味悪いけど、リアルな終わり方。

春日俊彰:え?それで終わり?

若林正恭:終わり。

春日俊彰:だけど、最後に和解した、とかもなくて?

若林正恭:最後、そのディレクターと仲が悪過ぎるんで、別のスタッフが行って、その女性ディレクターのことをどう思ってたかって訊いて。

春日俊彰:うん。

若林正恭:そしたら、「突然入ってきて、カメラ回してて。『あの時の気持ち、どうでしたか?』って訊かれるんですけど、誘導するんですよ、私達のコメントを」って。

春日俊彰:ああ。

若林正恭:それで、女性ディレクターに「それに関してはどうなの?」って訊くと、「ノックして入ってきてくださいとか言うんですよ。こっちは、常に密着するよっていう条件で、家賃をこっちが払ってるもので。そういう条件の下に始まったのに、ノックしなきゃ入っていけないって。それで、『入らないでください』って言われたら、こっちは撮れないですから。それは、密着でもドキュメントでもなくなっちゃいますから」って。

春日俊彰:うん。

若林正恭:でも、住んでる女の子たちは、「急に入ってきて、急にそんなこと訊かれて」って、物凄い険悪なの。

春日俊彰:うん。

若林正恭:それで、詳しくは観て欲しいんだけど。VTR終わりで、それでも最終回だし、上手くまとめたいじゃん。

春日俊彰:まあ、そうだね。

若林正恭:でも、定点カメラが置かれてて、ストレスも溜まってたんでしょう。8ヶ月過ごして。それで、ディレクターも密着で、毎日寝泊まりしてるから、みんなストレス溜まってる。だから、「何年後かに、また会って、『あの時はああだったけど…』って言って、それぞれの現場で頑張ってる。そういうことですよね」って。

春日俊彰:うん。

若林正恭:そういう風にまとめようと思ったら、女性ディレクターが「もう、会いたくないです」って。

春日俊彰:いや、そこは頼むぜ(笑)

若林正恭:「向こうも会いたくないでしょうし」って。

春日俊彰:何、それ(笑)斬新だね。

若林正恭:凄いぜ。「そういう約束の下、入ってるから。いつ撮っても良いですよね?」っていうのがディレクターさん側で。女の子たちは、「誘導されて、急に回されても」って、意見が食い違ってるわけ。

春日俊彰:ああ、それはお互いの立場があるからね。

若林正恭:「それぞれの未来に旅立っていきました」みたいな終わりかと思いきや、ハードな仕事になったよ。いやぁ、リアルだったよ。

春日俊彰:なかなか珍しいね。そこまでリアルに行こうっていう。そこを無視できないくらい確執があったってことだね(笑)

若林正恭:あんだけクローゼットでケンカしてた2人が、一致団結しちゃって。「アレはないよね」って。

春日俊彰:共通の敵ができたからね。

若林正恭:うん。

【関連記事】
オードリー若林、女性2人のガチなケンカを放送した番組『未来ロケット』に驚き「30分番組で20分ケンカ」

オードリー若林、高畑充希に「お前」と呼んでしまい冷やっとしたと告白

ナイナイ岡村、テレビ東京との確執があったと矢部に暴露される「二度と仕事はしない」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,若林正恭,春日俊彰,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:オードリー若林、最初からスベり笑いを想定した台本に疑問「ギャグを振られる芸人さんに失礼」

前の記事:千原ジュニア、40万円以上の高額チケットでもメイウェザーvsパッキャオ戦を観たい理由「会場に存在していたい」