TOPアンタッチャブルのシカゴマンゴ ≫ アンタッチャブル 「くりぃむしちゅーとの関係」

アンタッチャブル 「くりぃむしちゅーとの関係」

2009.11.01 (Sun)
くりぃむしちゅーのあなたはどっち?2009年11月02日放送の「誰だって波瀾爆笑」にて、アンタッチャブルが出演していた。そこで、くりぃむしちゅーとの関係性について語られていた。現在でも、非常に仲の良い先輩後輩の関係性は、まだ無名であったアンタッチャブルの時代、次のような状態だったそうだ。

山崎は「もちろん、営業とかだけでは食っていけないんで、バイトもしてたんです。…でも、警備員のバイトとかもしたんですけど、3日しか行かなかった」

「その理由っていうのは、周りがもの凄い暗いんです。工事現場で、万が一、夜に侵入してくる人がいるとマズイっていうんで警備しているんですけど、街灯とかも無いんで、まるっきり見えない。入ってこられても、気づかないっていう状態なんですよ」

「そういうバイトをしていたんですけど、ガッチリ時間が拘束されてしまうバイトはしたく無かったんです。というのも、くりぃむしちゅーの有田さんと一緒にいたかったから」と話していた。

そうした状態にあり、さらに以下のような関係性にあったと話していた。

「時間があれば、有田さんの仕事現場に付いていったんです。だから、時間が決まっているバイトとかはできれば行きたくなかった。『有田さんが来いと言っているんで…』とかって、バイト先には言えないでしょ。だから、定期のバイトはしなかった」

「仕事先に行くとね、なんだか売れたような錯覚に陥ってしまうんですよ。周りには芸能人もいて、会えるから。だからかも知れないですけど、のほほんと僕らは芸人をやっていました」と話していた。

さらに柴田は、「俺は上田さんと一緒によく遊んでもらってました。だから、本当にくりぃむさんには、コンビでお世話になっていたんです」と話していた。

ちなみに、柴田はビビる大木と仲が良く、「大木くんは週3~4日は家に来て、泊まっていた。『鍵をポストに入れておくから』って言って、俺より先に家に居るなんてこともザラだった。それで、一時期は『大木と柴田はアヤシイんじゃないか』って、そんなウワサもあった」と話していた。

【関連記事】
アンタッチャブルの若手芸人時代

アンタッチャブル・柴田 「先輩芸人にキスさせられていた」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : アンタッチャブル,山崎弘也,柴田英嗣,くりぃむしちゅー,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アンタッチャブルのシカゴマンゴ
次の記事:加藤浩次 「勝手に広告に使われる」

前の記事:アンタッチャブルの若手芸人時代