TOPアッパレやってまーす! ≫ 千原ジュニア、吉本興業の芸人雑誌編集者のとんでもないミスを明かす「ゲイサイトのURLを載せてしまう」

千原ジュニア、吉本興業の芸人雑誌編集者のとんでもないミスを明かす「ゲイサイトのURLを載せてしまう」

2015.03.12 (Thu)
2015年3月10日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00 - 23:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、現在は廃刊となった吉本興業の月刊誌『マンスリーよしもと』の担当者がおかしてしまったというとんでもないミスについて語っていた。

2014千原ジュニア40歳LIVE「千原ジュニア×□」
2014千原ジュニア40歳LIVE「千原ジュニア×□」 [DVD]

千原ジュニア:(過去の)マンスリーよしもと、オモロイで。30年くらい前のマンスリーよしもとからずっと読んでいったら。

桂三度:そうやな。

山本吉貴:若い時のみんなも映ってるし。

千原ジュニア:この間、NHK新人漫才コンクールの司会やらせてもろたけど、歴代の獲った人、ほとんど居ぃひんな。

桂三度:あぁ。

千原ジュニア:せいじがそれ見ながら、「犬丸兄弟…誰や?」って。俺らより2年くらい先輩で。

おのののか:…マンスリーよしもとって、今でも出てるんですか?

山本吉貴:今はもう、廃刊…休止かな、一応(笑)

千原ジュニア:廃刊、廃刊。

桂三度:業務広げたらね。最初、小さい小冊子やってん。100円の。これで、楽しかったのに…

山本吉貴:月1の楽しみやってん。

桂三度:それがね、ちょっと色気出してね。普通の雑誌にしたのよ。

山本吉貴:大きくなってしまって。

桂三度:そしたら、売れへんようになってね。廃刊ですわ。アホですわ(笑)

山本吉貴:あのサイズ感が良かったんですよね。

千原ジュニア:なぁ。立ち食いそば屋にソファー置く、みたいな。ほんなら、カウンターと座ってる位置、全然合わへん。食べにくい、食べにくい。

おのののか:ふふ(笑)

千原ジュニア:そのマンスリーよしもとを担当していた人の趣味が、ちょっと変わってて。

桂三度:うん(笑)

千原ジュニア:ハードゲイで。

おのののか:え?!

千原ジュニア:それはエエやん。色んな趣味の人がいんねんから。

山本吉貴:はい、趣味嗜好ですから。

千原ジュニア:ある企画をやったわけ。芸人さんも、結構、ペットを飼ってる人が多いっていうんで、トリマーの特集みたいなのをしたわけ。

おのののか:はい。

千原ジュニア:ほんなら、「このトリマーにご興味のある方は、こちらまで」って、そのトリマーのお店のホームページのアドレスを載せたわけ。

桂三度:うん。

千原ジュニア:ほんならある日、大阪千日前にある吉本興業の本社4階事務所から、「しもた~!」って絶叫する声が聞こえて。なんやって言ったら、何を誰がどう間違えたのか、その「トリマーに興味ある人はこちらへ」ってところに書かれたアドレスにアクセスすると、ゴリゴリのハードゲイのホームページにアクセスされて(笑)

おのののか:ええ?!(笑)

千原ジュニア:そのアドレスを、間違えて載っけてもうてて。「可愛い~こんな風にワンちゃんしてもらおうかしら」って、そのページに行ったら、そそり立ったゴリゴリのヤツが(笑)

おのののか:うわぁ(笑)

桂三度:はっはっはっ(笑)

千原ジュニア:ほんならもうさ、電話が鳴り止まへんわけ。「なんちゅうもんを見せんねん。これが吉本の言う笑いか?」って(笑)

山本吉貴:裏切りね(笑)

おのののか:はっはっはっ(笑)

千原ジュニア:そんな楽しいこともあった、思い出のマンスリーよしもとやったんですけどね。

山本吉貴:その後も、ずっとやりましたから、それがきっかけで廃刊になったんじゃないですよ(笑)

桂三度:大阪の思い出がいっぱい詰まってますよね。

【関連記事】
バナナマン設楽、相方・日村のゲイ疑惑を検証「疑惑はいっぱいある」

ケンドーコバヤシ、バナナマン日村とお揃いのパンツを購入して「店員にゲイと思われ笑われる」

ケンドーコバヤシ、バナナマン日村とともにゲイの人から完全にソッチだと思われる


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 千原ジュニア,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:千原ジュニア、雑誌社が数十年前の過去の雑誌を販売することを提案「30年前のジャンプ、読んでみたい」

前の記事:千原ジュニア、自宅・車・バイクの鍵をなくした顛末を語る「ポケットに入れていてスタイリストが紛失」