TOPアッパレやってまーす! ≫ 千原ジュニア、自宅・車・バイクの鍵をなくした顛末を語る「ポケットに入れていてスタイリストが紛失」

千原ジュニア、自宅・車・バイクの鍵をなくした顛末を語る「ポケットに入れていてスタイリストが紛失」

2015.03.12 (Thu)
2015年3月10日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00 - 23:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、自宅・車・バイクの鍵をなくしてしまった事の顛末について語っていた。

2014千原ジュニア40歳LIVE「千原ジュニア×□」
2014千原ジュニア40歳LIVE「千原ジュニア×□」 [DVD]

千原ジュニア:俺、3月いっぱいの契約の番組を大阪でやってて。UNIQLO(ユニクロ)さんの一社提供なんですよ。

山本吉貴:はい。

千原ジュニア:ユニクロ大阪っていう立派なのもできたから、2クール限定で、番組をABCさんでやらせてもらったんですよ。

桂三度:うん。

千原ジュニア:ユニクロの一社提供で、ユニクロの服を着させてもらって。関西由来の人が来て、サシで対談するっていうトーク番組。この第一回目が桂文枝師匠で。槇原敬之さん来てもらったり、役者の笹野高史さんがこの間、来てくれはったりとか。

桂三度:うん。

千原ジュニア:それ、2本撮りなんやけど、俺、私服で行って、ユニクロの服を楽屋で着替えて。スタイリストさんが付いてるからね。それで、1本目撮る。ほんで、2本目もまた着替えて撮ったら、その2本目の衣装のまま、ユニクロ大阪の店舗に行くんですよ。

桂三度:ほう。

千原ジュニア:それで、向こうでその衣装について、ポイントを教えてもらって。「なるほど、分かりました。来週、またよろしくお願いしますね」って、簡単なロケをパッと撮って。ユニクロ大阪さんの控室みたいなところで、1本目の衣装に着替えて。1本目の衣装で、「この服のポイント、どこですか?」ってまた撮って。

桂三度:うん。

千原ジュニア:それで、また控室に戻って、自分の私服に着替えて東京に帰るんですよ。

山本吉貴:はい。

千原ジュニア:ほんで、新大阪駅に大谷マネージャーと着いて。「ちょっと、チケット変更してきます」ってみどりの窓口に行って。ほんで、俺が1人で待ってる。そこで、何気なくコートのポケットに手を突っ込んだら、目薬とリップクリームが入ってるんですよ。「え?!」って思って。

おのののか:ん?

千原ジュニア:というのも、ここ何十年と、目薬とかリップクリームとか鍵は、絶対にジーパンの右ポケット。ケータイは左のポケットって、決まってるんですよ。もう、それは何十年と一緒。

桂三度:うん。

千原ジュニア:だから、上着のポケットに、目薬とリップクリームが入ってることは、絶対にないわけ。「あれ?なんや、これ」と。移動するときに、スタイリストさんが、俺の私服持って移動するから、「落としはったんやな」って思って。

桂三度:うん。

千原ジュニア:「落として、どっから落ちたかが分からへんから、コートのポケットに入れはったんやな」って思って。でも、そこで「ちょっと待って…」って思って、ジーパンのポケット触ったら、鍵あれへんねん。

おのののか:ああ…

千原ジュニア:それで、マネージャーの大谷が来て。「鍵、あれへん。スタイリストさん、落としてはるわ」って言って。すぐに連絡とったんやけど。でも、連絡つかへん。新幹線の時間もある。ほんなら、「先に行ってください。私は残って、鍵、ピックアップして、東京のジュニアさんいるところに持っていきますんで」「ほんなら、頼むわ」って移動したんですよ。

桂三度:はい。

千原ジュニア:ほんで、品川着いて、ケータイ見んねんけど、まだ大谷から掛かってない。2時間半経って。品川駅から電話したら、「まだ見つからないんです」と。「探してるんですけど、見つからないんです」って。「見つからへんって、なんやそれ?」と。落としたら、ガシャンって言うし、と。

おのののか:うん。

千原ジュニア:というのも、クルマのキーレスと、バイク2台。家の玄関、金庫、ジムのロッカーの鍵がついてるんですよ。

おのののか:ええ…

桂三度:めっちゃイヤ。

千原ジュニア:「いやいや、大谷。リップクリームと目薬、落としてはんねん。それを拾って、コートのポケットに入れてはるから、その落としたところ訊いたら、そこやと思うから。調べてもうて」って。ほんならしばらくしてから、折り返しが来て。「目薬を落としたところと、リップクリームを落としたところ、違うんです」と。

桂三度:あら。

千原ジュニア:まず、目薬落としはった時に、その持ち方、変えなアカンわ(笑)

桂三度:うん(笑)そうやな。そして、むき出しで持ってるという(笑)

千原ジュニア:うん。「むき出しで移動しはったん?」みたいな。

桂三度:うん。

千原ジュニア:「え?ちょっと信じがたい」って。もう、1週間経ってんねんけど、そっからホンマに、めちゃくちゃ好きな子と大恋愛してんのかってくらい、起きるたびにケータイ見て。大谷から電話掛かってきてないかっていう。

桂三度:ふふ(笑)

千原ジュニア:「出てきました」って電話ないかって、毎朝見んねん。

桂三度:大恋愛(笑)

千原ジュニア:ないねん。もう、10日くらい経ってんねん。俺、よう知らんねんけど、俺のなりすましでツイッターしてる人(千原ジュニア、ツイッターのなりすましを周囲が信じてしまっていると明かす「取材レポーターも」)、もっとそういうのつぶやいてさ、見つけてくれよ(笑)

桂三度:うん(笑)

おのののか:うわぁ、ツライ。私もそれで、一回、ケータイなくしたことあります。

山本吉貴:え?

おのののか:上着のポケットに入れていて、預けておいたら、なくなってて。もうそっから出てこないんです。

篠崎愛:ツライ。

千原ジュニア:でさぁ、女の人は、カバンに大事なものって入れはるやん。でも、男は、特に手ぶらやし。ポケットが凄い重要なわけ。女性であんまりしらん、アシスタントの人とかが落としはったんやろうけど。

おのののか:うん。

千原ジュニア:ポケットに対する概念がちゃうねんやろな。

おのののか:ああ、たしかに。

桂三度:ああ、しんどい。

千原ジュニア:だから今、基本、何やってても、「ああ、でも俺、鍵ないねや」って。

山本吉貴:たしかに(笑)

千原ジュニア:だから今、1本も鍵持ってないねん。マンションのエントランスはカードで。玄関は、テンキーで開くから。鍵でもいけて、鍵やってんけど、今はテンキーで出入りしてんねんけど。

おのののか:クルマはどうしてるんですか?

千原ジュニア:スペアキーで。旧車で純正じゃないから、そのクルマを売るって時も、「純正の鍵ないんやったら…」ってことで、これでまた大分、変わるやろうし。バイクも、純正のスペアが1本ずつあるけど、それも1本しかないから。

桂三度:いやぁ、悲しい。

【関連記事】
千原ジュニア、お笑い芸人は不幸の中に笑いを見出す存在と語る「芸人は不幸中の幸いで出来ている」

千原せいじ、弟・千原ジュニアも驚く行動力「トラブルをトラベルに変える」

千原ジュニア、一緒に正月旅行へ行く後輩芸人の一言にショック「元日くらいは彼女といさせてください…」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 千原ジュニア,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:千原ジュニア、吉本興業の芸人雑誌編集者のとんでもないミスを明かす「ゲイサイトのURLを載せてしまう」

前の記事:千原ジュニア、ツイッターのなりすましを周囲が信じてしまっていると明かす「取材レポーターも」