TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林、番組『しくじり先生』制作上の困難は「初対面で『しくじってますよね』と言わなきゃならない」

オードリー若林、番組『しくじり先生』制作上の困難は「初対面で『しくじってますよね』と言わなきゃならない」

2015.02.22 (Sun)
2015年2月21日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、テレビ朝日系の番組『しくじり先生 俺みたいになるな』を制作する上で、困難な点について語っていた。

社会人大学人見知り学部 卒業見込
社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)

若林正恭:最近、『しくじり先生』って番組で、ゴールデンを初めてやったんだけど。

春日俊彰:うん。

若林正恭:『しくじり先生』の、ゲストのキャスティングが結構、大変らしいんだよ。

春日俊彰:大変でしょう。アレ、誰でもできるわけでもないからね。収録時間はどれぐらいなの?

若林正恭:1時間くらいで。まあ、みんな緊張してるのよ。丸々30分番組を預けられるから。

春日俊彰:それはそうだよね。

若林正恭:最初、もちろんカットされるけど、最初の10分くらいは、お互いの肌と肌を合わせる確認の時間を長くとって。始まって10分とか。結構、明るくね。

春日俊彰:やりやすいようにしてね。

若林正恭:それはキツイだろ。30分、漫談だよ。

春日俊彰:そうだよね。それはキツイよ。

若林正恭:来る人は、その年の一つの大きな仕事だよな。

春日俊彰:そうだね。安請け合いはできないような、結構な濃度で。

若林正恭:プロ野球のカムバックした人のドキュメントとか好きで。あと、タランティーノがトラボルタをカムバックさせた話好きだからさ、本当に感動しちゃうんだよね。「しばらく見てねぇな」って人が出てきて、頑張ってるの見ると。

春日俊彰:ふふ(笑)なるほどね(笑)それはいっぱい、ドラマがあるだろうからね。

若林正恭:ドラマがあるんだよね。色んな人に、「俺も出たい」って人の話を、色んな現場でもいただくんだけどね。

春日俊彰:へぇ。

若林正恭:それで、スタッフさんがキャスティングの何が難しいってね、会議で、「この人、良いんじゃないですか?」って、名前が挙がるじゃない?その人のところに初めて行く時に、初対面なのに「しくじってますよね」って言わなきゃいけない(笑)これが痺れるらしいよ(笑)

春日俊彰:まんま言うんだ?それ(笑)

若林正恭:だって、番組タイトルが「しくじり先生 俺みたいになるな」だからね(笑)

春日俊彰:そこはそう言うしかないか(笑)「何か失敗したことありますよね?」じゃないんだね、「しくじってますよね?」って言うんだね(笑)

若林正恭:しくじりのレベルも、本人がネタとして、ショーアップされてしくじりを言える範囲の、もう一個奥くらいのところ行きたいわけじゃない?世間がそう見たりしてるのを、こっちから何と言っていいか、みたいな部分で。

春日俊彰:ショーアップされてるっていうのは、知ってるというか、世に出てる部分でしょ?

若林正恭:そうそう。

春日俊彰:その本当のところか。それは知りたいね。

若林正恭:そうそう。それで、打ち合わせがいい感じに進んでいくわけじゃん。「しくじってらっしゃいますよね」って言いにくい中で言って、「大丈夫ですよ、全然言ってもらっても」って、そういう人が出てくれてるわけで、そこで「ちょっとそれは困る」ってことがあったら、出てないからね。

春日俊彰:まあ、そうだね。

若林正恭:もう一個奥に行きたいってところを、向こうに当てる時、大変らしいぜ。

春日俊彰:掘る時ね。

若林正恭:「こういう時、どうだったんですか?」とか、「こういう感じですよね?」って言うとき、ドキドキなんだって。

春日俊彰:まあ、そうだよね。触れられたくない部分なのか、分からないもんね、境が。こっちとしては掘りたいし。結構な攻防なんだね、打ち合わせが。制空権みたいなさ。

若林正恭:そうそう。それで、「しくじってますよね」って、言いにいかなきゃいけないんだもん。おかもとまりに、「しくじってますよね。かわいい路線で、しくじりましたよね?」って、言わなきゃいけないんだぜ。

春日俊彰:まあね(笑)たしかに、しくじってるからな(笑)

若林正恭:ふふ(笑)

春日俊彰:そこをどう分析して、どう伝えなきゃいけないかってことが難しいんだろうね。しくじってはいるけど、何が原因で、とか分からないければ話せないもんね?じゃあ、結構、大変なんだね。

若林正恭:人を探すのが大変らしいよ。

春日俊彰:当たってダメだ、とかね。

若林正恭:そうなんだよね。でも、ここまでが大変なんだろうな。でも、知られてくれば、あの番組に出ることが大丈夫というか。番組自体が知られていく前の段階とか、大変だったんじゃない?10回目くらいの人とか。

春日俊彰:そうだね。「こういう番組で、こういうことを話して、こういう風に受けてくれるんだ」ってことが、なんとなくオンエア見て分かればね。

【関連記事】
オリラジ中田、レギュラー番組を全て失った"天狗になる恐ろしさ"を解説「天狗に自覚症状はない」

オリラジ中田、番組が終了する予兆について解説「タイトルと内容が全く異なるなど」

オリラジ中田、負けてからこそ大きな夢を語るべきと力説「負けてから、ビッグマウスになる勇気」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,若林正恭,しくじり先生,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:オードリー若林、番組『しくじり先生』での夢は「矢口真里と中村昌也の共演」

前の記事:明石家さんま、村上ショージの娘・バターぬりえが父を目指していることに「目指してもらえるだけ羨ましい」