TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ・小木の「間違いだらけの合コンテクニック」

おぎやはぎ・小木の「間違いだらけの合コンテクニック」

2009.10.15 (Thu)
若者たち2009年10月06日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、小木の間違いだらけの合コンテクについて語られていた。話の発端は、次週・森山直太朗がゲスト出演することだった。

矢作は「直太朗くんは、優しすぎる。あの(オアシズ)大久保さんとのお見合いをすんなりOKしてしまうくらいだもの。それでは、ダメだって」と語っていた。

さらに、小木は「たしかにね、今まで付き合っていた彼女を見てきたけど、『もう少し選べよ』っていう女の子が多かった。たぶん、見た目で選んでないっていうのもあるんだろうけど、断られないって知っている女が近づいてきてしまうんだろうね」と話していた。

そこから、それを正すため、女に優しくない小木が指導した方が良いのではないだろうか、と以下のようなことについて話していた。

矢作は「小木は、合コンをやっても、可愛くない女の子とかがいると『今日は、ハズレだなぁ~』っていきなり言い出すからね。始まってそうそうにそんなことを言い出す」

「しかも、その中で一番可愛い子を指さして、『この子はマシだね』とか言い出すんだもの。それは、ダメだって。厳しすぎるよ。しかも、そういう可愛いところに最初からベッタリいって、離れないし。もう少し、場の空気を読んだ方が…」と話していた。

「あとね、可愛くない子に普通に酷いことを言う」と話していた。これに関して小木は「だって、可愛い子は、可愛くない子がイジられているの好きでしょ。そういうイジってるところを見て笑うんじゃないの?」と言い出した。

さすがに矢作も「逆だよ。可愛くない子にも優しくしているところに、可愛い子は『優しい人だな』って評価してくれる。それは、鉄則だと思うよ」と宥めるように諭していた。

さらに、「小木は可愛い子にも『ブサイク』とか言うもんな。『美人の子は、美人とか可愛いとか言われ慣れているから、逆にそういう態度を示した方が良い』とかっていうけど、それで振り向いてくれる人は、少数だよ。大半は、それに引いてしまうって」とダメ出ししていた。

また、「可愛くない子をイジっても良いのは、女芸人みたいに笑いに変えられる子だよ。でも、たしかに小木は今の奥さんをイジりまくってたもんな…たしかに、それで幸せになっているんだから、それはそれで良いのか」と、話していた。

【関連記事】
おぎやはぎ 「テニスを女人禁制にするワケ」

おぎやはぎ 「谷桃子の空気の読めなさ加減はスゴイ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:加藤浩次 「息子の運動会で見た、トンデモないもの」

前の記事:雨上がり・蛍原 「野爆・川島、本当はスゴイ真面目」