TOP土田晃之 日曜のへそ ≫ 土田晃之、芸人が薬物に手を出さない理由「舞台で笑わせる感覚に勝るものはない」

土田晃之、芸人が薬物に手を出さない理由「舞台で笑わせる感覚に勝るものはない」

2015.02.11 (Wed)
2015年2月8日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00 - 14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、小向美奈子容疑者の薬物問題での再逮捕のニュースに関連し、お笑い芸人が手を出すことがほとんどないことに関して、上岡龍太郎の言葉を引用して語っていた。

土田晃之のガンダムにもの申す!
土田晃之のガンダムにもの申す! (角川コミックス・エース)

土田晃之:小向美奈子容疑者、3度目の逮捕ということで。やっぱり、やめれないんですかね。これって、やっぱり1回目よりも2回目の方が懲役は長くなるんでしょ?

こんなんさ…3度目って、そこでカリキュラムとか終えて復帰してきても、難しいんだろうね。やってねぇから分からないけどさ(笑)やっぱり、やってない人が集まって話をしても分からないからさ。

「芸人さんで、クスリに手を出す人がいない」って話があって。これね、昔、上岡龍太郎さんが、『パペポ』っていう鶴瓶師匠とトークする番組でおっしゃってたんですけど。僕、それをテレビで観てて、「なるほどな」って思ったのが、俳優さんやミュージシャンとかが、やっぱり手を出す人が多い、と。

一方、「芸人さんでクスリって聞かないだろ」って話になって。「ああ、たしかにな」って思って。上岡さんは、「芸人っていうのは、舞台の上で、あれだけ笑いという感覚を得ている。あの感覚に勝るものがない」と。

「万が一、芸人で手を出すヤツがいたら、そいつはつまらないヤツだ」って言ってた時に、「なるほどなぁ」と。たしかに、そういうアドレナリンが出る瞬間があったりとかね。あと、ミュージシャンって、1個ヒット曲があっても、次にまた追い込まれるでしょ。

だって、尾崎豊が言ってたのが、「20代になった時に、『15の夜』の気持ちがちょっとずつ分からない」っていうね。あれって、15歳くらいの時に書いてるから、我々15~6の心に響くけど、大人になって書く子供の歌って、やっぱり嘘っぽくなるからね。

そういうのもあったり、プレッシャーもあるのかもしれないけど、だからって手を出してはいけないんですけどね。

芸人さんで手を出すって、聞かないよねっていうね。

【関連記事】
ナイナイ岡村、アーティストの「創作活動に行き詰まり」という薬物使用理由に「卑怯。お笑いなんかいつも行き詰まりっぱなし」

明石家さんま、ASKAの報道を受け自身への疑惑について告白「お前ヤってるだろ、と言われた」

ナイナイ・岡村が語る「小向美奈子の海外脱出」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 土田晃之,上岡龍太郎,小向美奈子,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ
次の記事:土田晃之、小島瑠璃子を完全に男目線で見てた蛭子能収・具志堅用高に引く「いつまでも若い女の子が大好き」

前の記事:土田晃之、長男に続き次男も私立中学に合格して喜ぶ「全滅かと思いきや補欠合格」