TOPワイドナショー ≫ 松本人志、白鵬の大相撲審判部を批判した問題に関連し「番組で吉本の後輩に逆に冷たくしてしまう」

松本人志、白鵬の大相撲審判部を批判した問題に関連し「番組で吉本の後輩に逆に冷たくしてしまう」

2015.02.01 (Sun)
2015年2月1日放送のフジテレビ系の番組『ワイドナショー』(毎週日 10:00 - 10:55)にて、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、大相撲の横綱・白鵬が初場所13日目の勝負判定への不満から審判部を公然と批判した問題で、審判を務めることの難しさに関連し、「同じ事務所の後輩芸人に、自分の番組で逆に冷たくしてしまうことがある」と明かしていた。

HITOSI MATUMOTO VISUALBUM “完成"
松本人志 HITOSI MATUMOTO VISUALBUM “完成

小錦:今、相撲協会に親方は150人います。そこに、審判部ってあって、大体、みんなその仕事、引き受けたくないの。

東野幸治:審判部がですか?

小錦:自分の部屋の力士が相撲をとるから。「取り直しで、手を挙げなきゃダメだ…」とか。ある親方は、自分の部屋の力士が勝ってるのを見てるのに、(判定が違うと物言いをつけるために)手を挙げないんだよ。「そんな相撲をとったお前が悪い」と。

東野幸治:ああ。

小錦:それも親方衆、プレッシャーよ。

松本人志:そういうのあるんですね。

小錦:部屋を持つ親方は、44人いますから。その中で、自分の力士が勝ってるって思ってるのに、手を挙げないんだもん。

東野幸治:そこは凄いですね。

小錦:お互いに気を遣って、全く関係ない部屋が手を挙げて。

東野幸治:そこの阿吽の呼吸があるんですね。

小錦:あるの。難しいよね。だって、周りのお客さん、「なんだ自分の部屋だから手を挙げてるんじゃないの?」って思うから。

東野幸治:簡単に言うけど、そう単純なことじゃない、と。

松本人志:僕も自分で番組やっててね、若手芸人がくるじゃないですか。

東野幸治:はい。

松本人志:そこで、吉本の後輩に、ちょっと逆に冷たくしちゃうところがあって。

東野幸治:ああ。

松本人志:これはこれで、良くないんですよ。

東野幸治:なるほど。周りはそんな風に見てないけど…

松本人志:事務所なんか関係ないんですけど、なんか違う事務所の子が美味しくなっちゃってて、これ変な逆差別が起こってるぞっていうことを、思う時があるんですよ。

東野幸治:はい。

【関連記事】
松本人志、THE MANZAIは審査員が観客に左右されず審査すべきと主張「客の一歩・半歩前を行かないと笑いはダメになる」

バカリズム、松本人志・ジュニアら『すべらない話』メンバーでTHE MANZAIを観た「収録終わりの打ち上げで」

松本人志、山本圭壱を吉本興業が解雇した理由は未成年に手を出しただけでなく「事務所は相当手を焼いた」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 松本人志,白鵬,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ワイドナショー
次の記事:指原莉乃、他のAKBメンバーとの握手会で「お前、握手しろよ!」と叫んだ理由「MAXイライラしてて…」

前の記事:白鵬の物言い批判に比較として紹介された大鵬の名言「物言いがつくような一番をとった私がだらしなかった」