TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次 「スッキリ!!でニヤニヤしていて怒られる」

加藤浩次 「スッキリ!!でニヤニヤしていて怒られる」

2009.09.26 (Sat)
はねるのトびら II [DVD]2009年09月25日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、朝の情報番組『スッキリ!』の出演中の表情で注意されていたことを明らかにしていた。話の発端は、熊の保護活動についてのニュースだった。

「最近、熊がエサ不足のせいもあって、人のいる地域まで山から下りて来てしまっている。そこで、熊を捕らえ、GPS付きの首輪を付けて、その生態を探って人里まで降りてこないようにできないだろうか、といった研究がなされている」

「それで熊を捕らえて、翌日にGPSの首輪をつけて山に帰そうっていうことになった。でも、その熊が入れられているのがドラム缶で、暑さのせいかなんなのかは分からないけど、翌日に熊が死んでしまっていた。そこで、その活動をしている人が『ちょっと…死んじゃったね』って言ってた」

「その『ちょっと』っていうのがオカシくなってきちゃってね。面白くなっちゃった。熊は可哀想なんだけど、その言い方が変で、ニヤニヤしちゃったんだよね」

「ほかにも、ちょっと前になるんだけど、『崖っぷち犬』っていたでしょ。野良犬が崖から降りられなくなっちゃったニュース。あの時のテリーさんのコメントが面白くてね」と、以下のようにその当時のコメントを語っていた。

「なかなか降りられなくて、犬がブルブルと震えていた。まぁ、同情するんだけど、そのときのレポーターとかが『衰弱しております!』とか騒ぎ立てて、『別に衰弱してねぇよ。ちょっと休んでいるだけだよ』とかって思ってた」

「その時に、テリーさんが『これは…ダメだな。これはダメだ。ダメだな。オカしくなってる。これは、精神的におかしくなってる!乱れてる、精神が乱れてる!』とか言い出して。犬の精神が乱れるって、それはどういうことなんだろうかって思った」

「『このままでは、犬の精神が乱れて、バランスが崩れる』とか言い出した。それで、『そんなこと、あるんですか?犬の精神のバランスが崩れるって』って言っちゃったよ。そうしたら、『そんなの、知らないけどさ』ってテリーさんは言ってた。それが、おかしくてね。ずっとニヤニヤしていた」

「あと、クジラが座礁した時に、レポーターが『潮を吹いています!』とかって言ってて。それも面白くてね、ニヤニヤしちゃった。変なことは言えないしさ。でもさ、それでフジテレビの片岡飛鳥さんに注意された」

「『加藤さ、スッキリ!でニヤニヤしてるけど、あれは何でニヤニヤしているんだ?ニヤニヤしているなら、本番中にその理由をしっかりと説明しろ。ダメだ。一番気持ち悪い。言える範囲で説明しろ』って言われた」と話していた。

【関連記事】
加藤浩次 「スッキリ!!をやっていて困ること」

加藤浩次 「スッキリ!!をやっていることの弊害」

加藤浩次 「ドン小西がスッキリ!!でとんでもない一言」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : スッキリ!!,加藤浩次,片岡飛鳥,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:加藤浩次 「妻とのマンネリの解消法」

前の記事:加藤浩次 「業界人との付き合い方」