TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、つまようじ男事件でのマスコミの対応を批判「報道のプロがネットに踊らされてる」

カンニング竹山、つまようじ男事件でのマスコミの対応を批判「報道のプロがネットに踊らされてる」

2015.01.22 (Thu)
2015年1月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00 - 15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、店内のスナック菓子につまようじを刺すなどの動画をネット上にアップした19歳少年が逮捕された件を受け、連日、大々的に報じていたマスコミの対応に関して、「ネットに踊らされてる」と批判していた。

カンニング竹山単独ライブ「放送禁止2013」 [DVD]

前の記事からの続き:小田嶋隆、つまようじ男事件と桑田佳祐の謝罪にある共通点「応えるべきでない要求に応えている」

カンニング竹山:つまようじのニュースは、マスコミが報道のプロなのにさ、ネットに踊らされた感じがして、情けなかったなぁ。

赤江珠緒:なんかねぇ。

カンニング竹山:マスコミは、報道のプロなんだからさ。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:ネットに踊らされちゃダメですよ。

赤江珠緒:これがまたね、視聴率をとったりして…

カンニング竹山:それで喜んでる我々も、結局はダメなんですよ。

赤江珠緒:そうね。

小田嶋隆:でも、(視聴率)とりそうですよね。

赤江珠緒:いかんですよね。

小田嶋隆:面白そうだから。

赤江珠緒:ニュースは、やっぱり視聴率至上主義になると…

カンニング竹山:関係なくね、伝えるってことをやらなきゃいけないですね。

赤江珠緒:そうですね。

【関連記事】
松本人志、YouTubeつまようじ混入動画の少年に「面白くない。人を楽しませるアイデアがない」

所ジョージ、苦境ばかりを報道しがちなマスコミへ「たとえば、猛暑の時には涼しい場所を報じて」

伊集院光「マスコミに食品偽装問題を批判する権利はあるのか?」

池上彰、マスコミ・記者が取材のための特権を与えられている理由「国民の知る権利に奉仕するため」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : カンニング竹山,赤江珠緒,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:南キャン山里、双方のマネージャーから井森美幸との結婚を勧められる「結婚して一番良い相手」

前の記事:小田嶋隆、つまようじ男事件と桑田佳祐の謝罪にある共通点「応えるべきでない要求に応えている」