TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、桂文枝に「『いらっしゃ~い』やれよ」と素人時代に言っていた「1週間後に弟子入り」

明石家さんま、桂文枝に「『いらっしゃ~い』やれよ」と素人時代に言っていた「1週間後に弟子入り」

2015.01.18 (Sun)
2015年1月17日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、素人時代に桂文枝を追いかけまわし、「『いらっしゃ~い』やれよ」などと言っていたことを明かしていた。



明石家さんま:奈良に住んでた時って、芸能人なんか1人しか見てないのよ。ロケに来てた女優さんだったんですけど。

鞘師里保:はい。

明石家さんま:それで奈良は大騒動になって。みんな集まって、「うわぁ!」ってなって。みんながみんな、「アレ誰や?」って(笑)

飯窪春菜:集まってるのに(笑)

明石家さんま:集まって「うわぁ!」言うてんのに、「アレ誰や?」って(笑)

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:撮影で来ててね。でも、照明が当たって、女優さんが化粧して、芝居をしてはったんですけど、それを皆、しーんとして見てて。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:終わったら、「カット!」って言ったら喋ってもエエっていうのは、素人ながら分かって。「カット!」「おおっ!」って(笑)

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:今、芸能人になって、ドラマもやって分かるんですけど、あんななんでもないシーンで「おおっ!」って、役者さんをバカにしてますよね。

村上ショージ:田舎の人はそうですよ。東京では、俳優さんとか見慣れてますから。

明石家さんま:そうそう。俺は、18歳でこの世界に入ったから、色んな芸能人とも会わせていただいたりしてましたけども。それまでは、高校の時に吉本の劇場に勉強のために行ってましたから。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:その辺のメンバー、桂三枝兄さん…今の文枝さんね、とかはほとんど観てましたけども。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:弟子入りが決まるちょっと前まで観に行って、三枝さんを追いかけまわしてね。「おい、三枝!いらっしゃ~いやれよ!」とか。友達と一緒に、「逃げよった、逃げよった。追いかけろ!」って言うて。

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:三枝兄さんがタクシーに乗るのを追いかけて行って。その1週間後くらいに弟子入りが決まってるから、その直後から直立不動で「おはようございます」って。「奈良から来た杉本と申します。よろしくお願い致します!」って挨拶して。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:「おい、三枝!いらっしゃ~いやれよ!」って言ってた一週間後だから、俺の顔を覚えてはんのちゃうかって思って、ドキドキしながら挨拶したの覚えてますね。

【関連記事】
明石家さんま、亡くなった菅原文太との最初で最後の対面「CHAGE and ASKAとサインをもらいに行った」

明石家さんま、『ガキ使』菅賢治Pの半年も口説かれて『さんま御殿』を始めていた

明石家さんま、酒井法子や西田ひかる…泣かせてきた数々のアイドルについて語る「楽屋に謝りに行った」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,桂文枝,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、『ベイマックス』に感動して泣く「内容的には『アナ雪』より好きだった」

前の記事:西島秀俊、大ファンであるビートたけしの作品へは「呼ばれりゃ、なんでも行きます」