TOPたまむすび ≫ 西島秀俊、大ファンであるビートたけしの作品へは「呼ばれりゃ、なんでも行きます」

西島秀俊、大ファンであるビートたけしの作品へは「呼ばれりゃ、なんでも行きます」

2015.01.18 (Sun)
2015年1月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月 - 金曜日13:00 - 15:30)にて、俳優・西島秀俊がゲスト出演し、ビートたけしの大ファンであるが故に、監督作品や原作作品には、オファーがあれば必ず出演したいと語っていた。

「MOZU」オフィシャルガイドブック

前の記事からの続き:西島秀俊、芸人に対する強い憧れを語る「自分には無理・力不足だなと」

玉袋筋太郎:昨日も、ウチの師匠と飲んでて。菊次郎さん…お父さんの話をしてたよ。で、ウチの師匠は、結構、恥かきっ子だったからさ。そんな思い出話をしてたよ。「菊次郎さ、本当は真面目で寂しい人だったんだけどな」って。しんみりしちゃってね。

西島秀俊:『菊次郎とさき』にも、僕は出てましたからね。

玉袋筋太郎:僕は見てました(笑)弟子は出れないのかな。

西島秀俊:呼ばれりゃ、なんでも行きますよ。

小林悠:もう、たけしさんであれば駆けつけると(笑)…ちなみにですね、実はオープニングで、玉さんが「社長会をやって、たけしさんに奢った」と。

西島秀俊:あっ、それ聞いたことある(笑)

玉袋筋太郎:俺が社長で、駆け出しの芸人の"タケちゃん"で飲んで。

西島秀俊:あ、昨日だったんですね。最後、お車代を渡すっていう。

玉袋筋太郎:お車代、渡しました。

西島秀俊:凄いなぁ(笑)

玉袋筋太郎:西島さんの話も出てたんですよ。

西島秀俊:あ、本当ですか?

小林悠:なんて言ってました?

玉袋筋太郎:これは、まだまだ言えないんですけど…あとで西島さんだけには言うけど。

西島秀俊:あ、ホントですか(笑)

小林悠:ここじゃないところで。

西島秀俊:僕、映画『Dolls』に出た時、絶対に北野さんのファンだってことは言わなかったんですよ。

玉袋筋太郎:カッコイイな、そのやせ我慢。

西島秀俊:本当にバレないように、何も言わずにいたんで。(明かしたのは)ここ1~2年で。

玉袋筋太郎:カミングアウトしたんだよね。

西島秀俊:もういいかな、と思って。

小林悠:ご本人を前に言ったことはありますか?

西島秀俊:ないです。もちろん、そんなことはしないです。

小林悠:やっぱり人づてに、というか…

西島秀俊:ご本人は、ご存知か分からないですけど。

玉袋筋太郎:最高の距離感ですよ。このアウトボクシングなんですよ、やっぱり大事なのは…人との距離感っっていうのは。

西島秀俊:ふふ(笑)

玉袋筋太郎:カッコイイなぁ、西島さん。俺ならすぐ言っちゃうもん。「好きだ」って。

西島秀俊:ふふ(笑)

玉袋筋太郎:すぐ言っちゃうんだもん。「好きだ、好きだ」って。

西島秀俊:直訴(笑)オールナイトの放送局の前で。やりたかったなぁ、俺も。それ、したかった。

【関連記事】
西島秀俊、実はビートたけしの大ファン「『ビートたけしのANN』のテープ200本を所持してた」

ビートたけし、死を選びたくなるほど落ち込んだ人へのメッセージ「生きてるだけで幸せ」

千原ジュニア、ビートたけしがTHE MANZAIで流血し続けるも出演していたと明かす「縫う必要があった」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 西島秀俊,ビートたけし,玉袋筋太郎,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:明石家さんま、桂文枝に「『いらっしゃ~い』やれよ」と素人時代に言っていた「1週間後に弟子入り」

前の記事:西島秀俊、芸人に対する強い憧れを語る「自分には無理・力不足だなと」