TOP単発番組 ≫ 『アオイホノオ』監督・脚本家の福田雄一が明かす制作裏話「スタジオジブリに鉛筆を寄付してもらったワケ」

『アオイホノオ』監督・脚本家の福田雄一が明かす制作裏話「スタジオジブリに鉛筆を寄付してもらったワケ」

2015.01.17 (Sat)
2015年1月3日放送のNHKの番組『新春テレビ放談2015』にて、テレビ東京で放送されたドラマ『アオイホノオ』の監督・脚本家を務めた福田雄一が出演し、同ドラマを制作する上での裏話について語っていた。

アオイホノオ Blu-ray BOX
アオイホノオ Blu-ray BOX(5枚組)

岡田斗司夫:『アオイホノオ』って、漫画家志望の青年が、後に『エヴァンゲリオン』とかで有名になる庵野秀明たちをライバル視して、足掻く話なので、普通に作ると、オタク向けというのかな。深夜枠でもありますので、パロディ的な作品かなって思ったら、本当にね、ど真ん中の青春ドラマ。

千原ジュニア:うん。

岡田斗司夫:ここまで、人生を僻んだり、他人を妬んだり、裏を考えるヤツはいないっていうヤツの内面をとことん描いて、迫力あるドラマになってるんですよね。

千原ジュニア:へぇ。

岡田斗司夫:だから、観ている人たちのツイッターとかの反応を見たら、「辛い」って書いてるんですね。「これは俺だ!」って言いたくなる。若い時、こんなことをみんな考えて、痛いヤツだったよっていうのが、どんどん出てくる話なのが、凄い良いですよね(笑)

千原ジュニア:(『アオイホノオ』監督・脚本家の)福田(雄一)さん、深夜ドラマということは、予算も大分、ゴールデンなんかよりは限られると思うんですけど、それでもヒットさせる秘訣みたいなのはあったりするんですか?

福田雄一:深夜のドラマも、単に面白いってことでは食いついてもらえないと思ったんですよ。最初、お話した「情報化」というか、食いついてもらうものが必要だなって。丸腰では行けないなって。

千原ジュニア:はい。

福田雄一:まず、食いついてもらうために何が必要かっていうので、『エヴァンゲリオン』だったり、庵野秀明さんのこととか。「庵野さん、昔、こんな感じだったんだ」みたいなこととか。

千原ジュニア:はい。

福田雄一:実際に、ドラマ中に庵野さんが学生時代に作ったアニメーションとか、出てきたりするんですね。

千原ジュニア:はい。

福田雄一:それは、僕にとってドラマ作る上で武器だったんですね。

千原ジュニア:はい。

福田雄一:最初、食いついてもらえれば、何とかなるって計算があって。お金がないのには、慣れっこなんですね、この枠は(笑)

千原ジュニア:はい。

福田雄一:ただ、『アオイホノオ』は、年代が違うんで、小道具とか大変なんですよ。1980年なんですけど、当時の鉛筆はまだ、バーコードがついてないってことが発覚して。

千原ジュニア:なるほど~。

福田雄一:バーコードがついてない鉛筆を探すの、凄い大変だったんですよ。それを探してた時に、どういうわけか、スタジオジブリさんが寄付してくださって(笑)

千原ジュニア:へぇ。

福田雄一:本当に大変だったんですよね、時代が。でも、一番悔しかったのが、ツイッターを観てて、細部に渡ってまで頑張ったつもりなんですけど、「うどんの汁が濃い」って書かれてて。大阪の話なんですよ。

千原ジュニア:ああ…それは大阪の人間は言いますね、気になりますね(笑)

【関連記事】
伊集院光が語る「アニメ監督・出崎統の訃報」

爆笑問題「アニメの製作打ち上げに来ていた意外な芸人」

ピクサーと一時は没落したディズニーのアニメスタジオとの違い「現場主導で自由にアイデアを出せる環境の重要性」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 千原ジュニア,アオイホノオ,福田雄一,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組
次の記事:土田晃之×千原ジュニア、テレビ局の雰囲気に各局の勢いが現れると語る「タレントクロークに漂う雰囲気」

前の記事:岡田斗司夫、恋愛ドラマが減った要因として若者の恋愛への関心の薄さを指摘「眼福ドラマがあれば良い」