TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 南キャン山里、田中みな実に続き同期・江藤愛にも好意を持たれてると勘違い「ご飯連れてってくださいと誘われ…」

南キャン山里、田中みな実に続き同期・江藤愛にも好意を持たれてると勘違い「ご飯連れてってくださいと誘われ…」

2015.01.02 (Fri)
2014年12月31日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、フリーアナウンサー・田中みな実に引き続き、同期のTBSアナウンサー・江藤愛にも食事に連れて行って欲しいと言われ、好意を持たれていると勘違いしてしまったと語っていた。

たりふた SUMMER JAM '14~山里関節祭り~
たりふた SUMMER JAM '14~山里関節祭り~ [DVD]

山里亮太:私、夜にこの『不毛な議論』って番組やらせてもらってますけど、昼は、『たまむすび』って言って、赤江珠緒アナ、『モーニングバード』をやってる赤江さんと2人で火曜日にやってるんですけどね、パートナーとした。

赤江さんが最後の週に、インフルエンザになったんですよ。それで、インフルエンザになって休みになっちゃったの。そしたら、代打が江藤愛アナウンサーになって。まあ可愛らしいアナウンサーですよ。

知ってます?僕と江藤アナが合コンしたって話(南キャン・山里「江藤愛アナと合コンができたワケ」)。去年のクリスマスの日に、合コンしたのよ。それが、一昨年になるのね。

…一昨年になりますけど、12月24日に、僕と(アンガールズ)田中さんと宮嵜プロデューサーと、「飲み会だ」ってダマされた江藤アナと、友達のCAさんと合コンしたって話があるんだけどね。

その江藤アナと1年振りに生放送を、一緒にやっててね。あの人は思わせぶりなのかなぁ。もしくは、俺のことを誘ってるのかなって思う瞬間があるんだけど。…これ、聞いて欲しいんだけど、女子にね。女子って感じの人、いる?(注釈:カウントダウンライブ「山里亮太の108 ~目立たぬように、はしゃがぬように~」終わりの会場からの生放送のため、観客がいる)

女子、いるね。訊きたいんだけど、俺は食事に2人で行くってことは、いつでも…なんて言うの?俺が勇気さえ出せば、付き合える状態なんじゃないかなって思うタイプなの。そんなことないの?一対一でご飯食べに行くことって。

違うの?じゃあ、なんで一対一で来るの?普通に御飯ってこと?それはないぜ、ベイビー。ちょっと渋谷テイストにしてみましたけども(注釈:会場がMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE)。

いや、そう?俺が「美味しいお店を知ったんですよ」って言ったら、「え?連れてってくださいよ」って言うの。これ、「連れてってくださいよ」って何?誘ってるんじゃないの?違うの?

じゃあ、「連れてってくださいよ」って、本当に連れてくってこと?ドラクエ的なパーティーってこと?次のところまでってこと?仲間にしてくれってことか。でも、俺はドラクエでも、ドラクエIIの時に宿屋に泊まってちょっとドキドキしたりしたよ。ムーンブルクの王女と。…まあね、なんで今、ドラクエIIの話したかわかりませんけど。

そうなのか。それで、「美味しい店屋さん連れてってくださいよ」って言われた時に、「それって…どういうこと?」って言うと、「なんだよコイツ、童貞かよ」ってなってもイヤだから、スゲェ当たり前みたいな感じで、「俺も忙しいから時間空いたらね」って言って。でも、超ドキドキしてんだけど、じゃあアレはまだ告白じゃないのかね。

そっかぁ。TBSの女子アナって、なんでこうも俺を困らされるんだろ。大体困らせた女子アナは、1年後くらいにフリーになる傾向があるからなぁ。この前も、みなみんみん(田中みな実)と一緒に仕事になりましたけどもね、『ミレニアムズ』って番組で。エレベーターピッチって…エレベーター"ビッチ"だったっけ?エレベーター"ビッチ"なわけないね(笑)シンプルな間違いだからね、今のは。

強かったね、無敵。全然勝てなかったけど。

【関連記事】
小島慶子が語る、純朴な江藤愛と最初からぶっ飛んでいた田中みな実

南キャン・山里「江藤愛、田中みな実などのTBSアナは安い女」

南キャン・山里「田中みな実アナに結婚を申し込まれる」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,江藤愛,田中みな実,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:南キャン山里、坂上忍・マツコの前で何も出来ずに落ち込む「オードリー若林とLINEで反省会」

前の記事:カンニング竹山、枡田絵理奈アナの「夫の夢を叶えることが私の夢」との言葉に「俺も妻に支えられていた」