TOPアッパレやってまーす! ≫ 千原ジュニアが何度もネタにした、インパルス堤下 似のボクシングレフェリー福地勇治が映画『百円の恋』に出演

千原ジュニアが何度もネタにした、インパルス堤下 似のボクシングレフェリー福地勇治が映画『百円の恋』に出演

2014.12.24 (Wed)
2014年12月24日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00 - 23:30)にて、映画『百円の恋』に、お笑い芸人・千原ジュニアが何度となく、インパルスの堤下敦に似ているとネタにしているボクシングレフェリー・福地勇治が出演していると語られていた。

百八円の恋
百八円の恋(初回限定盤)(DVD付)

山本吉貴:僕は日々働いてたりしますが、たまの休みに、息抜きで映画でも行こうかってことになって。

おのののか:うん。

山本吉貴:昨日、映画行ってきまして。『百円の恋』っていう映画。

千原ジュニア:どやった?

山本吉貴:シンプルなんですが、安藤サクラっていう女優が凄いなって思わすシーンがあって。

千原ジュニア:凄いらしいよ。ホンマは、何ヶ月もかけてやる予定が、お金がなくて、急に4日とかでやってくれって話になって。

桂三度:え?

千原ジュニア:普通、「そんなんでけへん!」ってなるやん。それを、「分かりました」って言ってやったっていう。

山本吉貴:はい。体も凄いんですよ。ボクシングやる話なんで、最初はニートでダラダラしてる体つきから、ボクサーの体に、短期間でギュって。

千原ジュニア:それを数日間でやりはったっていう。

桂三度:凄いね。

山本吉貴:俳優さんで言うと、新井浩文さんが出てはって。その方もボクサーの役で、試合のシーンがあって。そのシーンで、試合を見て、安藤サクラさんも火が付いてボクシングをやる、みたいな。それで最後、試合のシーンなんですけど。

千原ジュニア:うん。

山本吉貴:その試合のシーン、2試合とも、レフェリー、福地勇治さんです(笑)

桂三度:出た!(笑)

おのののか:ウソぉ(笑)

桂三度:誰に似てるんやったっけ?(笑)

山本吉貴:インパルスの堤下に似ている、福地勇治さん。このラジオで、何度名前が出てきてるか。だから、その試合のシーンで、福地さんが一瞬映ったシーンで、誰も映画館で声が出てないんですけど、俺だけ「うわっ」って(笑)

桂三度:はっはっはっ(笑)邪魔やなぁ(笑)

おのののか:言っちゃいますね(笑)

桂三度:映画を見る環境としては、邪魔やな(笑)

山本吉貴:次の、安藤サクラさんの試合も裁いてますし。試合も結構、ありますから。主人公以外で、家族とかより、映画に出てるの福地さんですよ。大分、映られてますから。

千原ジュニア:へえ、そうなんや。

山本吉貴:知らない方は気にならないかも知れませんけど、なまじっか知ってしまった分(笑)

千原ジュニア:じゃあ、楽しめたやんか。

山本吉貴:はい、倍楽しめましたから。

桂三度:福地勇治さん、助演男優賞獲れる?

山本吉貴:いつもどおりの素晴らしい芝居…芝居じゃないですけど、いつもどおりでやられてたから。

千原ジュニア:自然体で?(笑)

山本吉貴:自然体で。アレ、なかなかできないなって。

千原ジュニア:凄いねぇ。

桂三度:観に行こう。

【関連記事】
千原ジュニア、ボクシングレフェリー・福地勇治に怒られる「俺のことイジリ過ぎ」

千原ジュニア、インパルス堤下に激似のレフェリー福地勇治が近くにいたことに驚き「2人揃ったら、パァっと光る」

千原ジュニア、初対面の女性にいきなり「ダウニー入れすぎ」と言われイライラ


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 千原ジュニア,百円の恋,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:千原ジュニア、クリープハイプ『百八円の恋』を絶賛「映画主題歌の冒頭が『この映画ももうすぐ終わる』」

前の記事:おのののか、千原ジュニアの恥ずかしい過去を明かす「交際していた女性との結婚式ならぬ"恋愛式"」