TOP雨上がり決死隊べしゃりブリンッ! ≫ 雨上がり・宮迫 「TENGAで絶叫する」

雨上がり・宮迫 「TENGAで絶叫する」

2009.09.03 (Thu)
TENGA ローリングヘッドカップスペシャルハードエディション2009年09月03日放送の「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!」にて、雨上がり決死隊・宮迫がTENGAで絶叫してしまった件について話していた。話の発端は、宮迫が自宅でTENGAを使用していたときのことだった。

ちなみに、宮迫は使用方法について、「ソファーを裏返しにして背もたれをテレビ側に向け、ソファーの隙間の所にTENGAを挟んで、DVDを鑑賞しながら行為に及びます。ソファーを女性に見立て、背もたれがちょうど肩になります」と、以前の放送で語っていた(明石家さんま、TENGAを使用していた)。

今回は、このような使い方をし終わった後の話をしていたようだった。「使い終わったから、捨てなければなって思っていた。そうしたら、その時に嫁が帰ってきてしまった」と宮迫は話していた。

その後、宮迫は以下のような行動に出たそうだ。

「嫁が帰ってきて、焦ってキャリーバッグに放り込んだ。それで、そのまま入れたままにしてしまって、忘れていた」

「それで、すっかりそのままにしているのを忘れてしまっていた。昨日、大阪の楽屋で、『髪の毛をセットしよう』と思って、スプレーを取り出そうとした。そうしたら、使用済みのTENGAが出てきた。それでTENGAって気づいたら、その瞬間に『うわぁああ~~!』って叫んでしまった。みんな、聞こえなかった?」と宮迫は話していた。

この話を聞いた蛍原は、「(こんな父親)子供は、尊敬できないな…」としみじみ感想を話していた。

【関連記事】
明石家さんま、TENGAを使用していた

雨上がり・宮迫 「妻・息子との別居で寂しすぎる生活」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 雨上がり決死隊,宮迫博之,TENGA,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!
次の記事:加藤浩次 「嫁に浮気を疑われて夫婦ゲンカ」

前の記事:雨上がり・宮迫 「天然素材がイヤ過ぎて、自分で歯を抜いた」