TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、芸人が泣いてはいけないという教えについて「俺らは笑いを提供するためだけに、この仕事を選んでる」

明石家さんま、芸人が泣いてはいけないという教えについて「俺らは笑いを提供するためだけに、この仕事を選んでる」

2014.12.21 (Sun)
2014年12月20日MBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、博多大吉がTHE MANZAI2014 で優勝した際に泣いてしまいそうだったが、「さんま師匠の教えで泣いてはいけないと思った」と発言していたことに、芸人が泣いてはいけないと考える理由について語っていた。



リスナーメール:THE MANZAIで優勝した博多華丸・大吉の博多大吉さんが、ラジオ番組で、パーソナリティの赤江珠緒さんから「優勝を告げられた後、目が潤んで見えましたですけど、実は泣いてたんじゃないの?」と訊かれて言っていた一言。

博多大吉「今日くらいは泣いちゃおうかなぁって思った瞬間、『芸人が感動の涙を流したらアカン』と、さんま師匠に言われたことを思い出しました。多分、体の芯まで染み付いてるんでしょうね。これから一生、テレビ出演中に泣くことは無理ですね」
(博多大吉、THE MANZAI優勝時に泣かなかった理由を語る「明石家さんまさんの『芸人は人前で泣くな』という教え」)

明石家さんま:ふふ(笑)若手がよくね…岡村なんかも27時間テレビの最後で、「泣いたらさんまさんに怒られる」とか言いよったらしいねんけど。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:泣いても良いんですよ(笑)人それぞれやねんから。

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:でも、そういうのを受け継いでくれてるだけでも嬉しいね。涙を提供するのは、他の人に任せておいて、俺らは笑いを提供するためだけに、この仕事を選んでるから。

鞘師里保:おお!カッコイイ!

明石家さんま:っていうことで、泣くなら、感動したいならそっちの方へどうぞっていうことやねんけどな。

高橋愛:私、すぐ泣いちゃう。

飯窪春菜:私も(笑)

明石家さんま:お前らはそれでエエねんけどな。感動屋さんっていうのは分かんねんけど。泣かないようにはしてますね、私は。

高橋愛:それがまたグっときたりしますよね。涙をこらえてるのは。視聴者的には、それで泣いたりするじゃないですか。

明石家さんま:ああ、こらえてるってことで。…高橋、お前今日、なかなかエエフォローするやんか。腕上げてるわ、結婚して。

高橋愛:ええ?やったぁ(笑)

明石家さんま:なんか、俺のフォロー上手くなってるやんか。話術は全く上手くなってないけど(笑)

高橋愛:ふふ(笑)

【関連記事】
明石家さんま、国民栄誉賞を授与される場合は断るつもりと明かす「賞のためにお笑いをやっているのではないんです」

明石家さんま、紅白歌合戦出演を断った理由「俺が出るより、頑張ってる歌手を1人でも多く出してあげて」

明石家さんま、「努力は必ず報われる」と思う人に「見返りを求めるとロクなことがない」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:オードリー若林、ナイツ塙とウーマン村本の漫才の技術論が理解できず「凄いレベルで漫才やってるよなぁ」

前の記事:明石家さんま、ざわちんのミニスカート姿での太ももを凝視していたと告白「ごめん、太もも見て話聞いてなかった」