TOPたまむすび ≫ 博多大吉、THE MANZAIのネタ前の紹介VTRの問題点を指摘「観客が構えてしまって漫才がやりにくい」

博多大吉、THE MANZAIのネタ前の紹介VTRの問題点を指摘「観客が構えてしまって漫才がやりにくい」

2014.12.20 (Sat)
2014年12月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、THE MANZAI におけるネタ前のVTRが、泣いている家族や、経済的に困窮している中で芸人を続ける辛さなどを訴える内容で、それを観た観客が緊張してしまい、漫才がやりにくくなっていることを指摘していた。

わたしと野菜のおいしい関係―知って、作って、食べて
わたしと野菜のおいしい関係―知って、作って、食べて (趣味Do楽)

博多大吉:これは番組批判ではなく、飽くまでも結果論なんですけども。今回、博多華丸・大吉が優勝できた一番の理由は、出演者のあおりVTRだと思うんですよ。

赤江珠緒:え?

博多大吉:各コンビが出る前に、「こういう思いで出ます」という。

赤江珠緒:「家族を抱えてます」とかね。それは確かに、大吉先生、アレは良かったですもんね。

博多大吉:アレを見せられた後に漫才をやられても、面白い/面白くないではなくて、やっぱり「頑張れ」って気持ちになるでしょ?

赤江珠緒:はい。

博多大吉:ハッキリ言うと、噛むか噛まないかが心配になるじゃない?「失敗するなよ」って感じで観てしまうから。

赤江珠緒:漫才をやる前に、泣いて喜ぶ奥さんのVTRとかね。

博多大吉:バンザイしてる子供とか、そんなVTRを散々観せられて。それで最初のつかみが「お金持ちになりたい」って言われても、「イヤイヤ…」と(笑)

赤江珠緒:なるほど。

博多大吉:お客さんも…視聴者の方はわかりませんけど、スタジオ中、物凄く緊張したんですよ。

赤江珠緒:なるほど。

博多大吉:ほとんどの若手がそういうVTRで。狙いは良かったと思うんですけど、結果的に、お客さんがちょっと緊張してしまったんで、いつも通りの力が出せなくて。

赤江珠緒:ああ。

博多大吉:僕もオンエアーを見直しましたけど、今回評価をいただけたのは僕らとトレンディエンジェル、あとワイルドカードから上がってきた三拍子。この3組は、VTRで問題ないんですよ。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:僕らだって「ベテランがやれることはやります」って言っているし。トレンディーエンジェルは「ハゲちゃいました」ってVTRだし。三拍子にいたっては、VTRが無いんですよ。

赤江珠緒:そうか。

博多大吉:だから、ネタを普通に観れたんですよ。

赤江珠緒:ああ。

博多大吉:みんなその前に、親との確執とか色々なものを出してきてて。

赤江珠緒:色々な背景が見えて。

博多大吉:この演出が、逆にちょっとプレッシャーになったから。

赤江珠緒:なるほどね。

博多大吉:結果的に、我々の前に最後の握り寿司が来た、みたいな。

【関連記事】
博多大吉、THE MANZAI 2014決勝の舞台裏でのギリギリの攻防「2番手だったら、ネタ合わせ間に合わなかった」

博多大吉、THE MANZAI優勝を勝ち取った場で披露したスピーチ「本当に面白い漫才師さんは、劇場にいます」

カンニング竹山、THE MANZAIで優勝した同期・同郷の博多華丸・大吉に喜び「数年前だったら悔しかった」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 博多大吉,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:博多大吉、THE MANZAI優勝時に泣かなかった理由を語る「明石家さんまさんの『芸人は人前で泣くな』という教え」

前の記事:博多大吉、THE MANZAI 2014決勝の舞台裏でのギリギリの攻防「2番手だったら、ネタ合わせ間に合わなかった」