TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、反省しない・悩まない生き方のススメ「どうにもならないことはない」

カンニング竹山、反省しない・悩まない生き方のススメ「どうにもならないことはない」

2014.12.19 (Fri)
2014年12月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月 - 金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、反省しない・悩まないという生き方について語っていた。

カンニング竹山単独ライブ「放送禁止2013」
カンニング竹山単独ライブ「放送禁止2013」 [DVD]

赤江珠緒:竹山さん、座右の銘ってあります?

カンニング竹山:タモリさんも言っていることなんですけど、一番大事なのは「反省しない」ってことなんですよ。

赤江珠緒:本当?(笑)

カンニング竹山:反省しないって境地に達することが、人間として立派になり、強くなったってことなんですよ。

赤江珠緒:エッ!?(笑)

カンニング竹山反省したり、思い悩んだりするからストレスが溜まるんですよ。すると、仕事でもプライベートでも「行きたくないな、嫌だな…キツいな、つまらないな自分の人生」と思っちゃうわけですよ。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:「お金もないし、どうしようかな…」とか、色々と考えるわけじゃないですか。だけど、「もう終ったことは良いじゃないの」ってやってみる。失敗しても、「次に行くしかないな」ってことが、反省しないスタイルですよね。

赤江珠緒:そうですね。

カンニング竹山:これをやると、意外と人生、ストレスなく暮らせるんですよ。毎日楽しく暮らせるんですよ。

赤江珠緒:そうか。

カンニング竹山:けれど、こうなるのが、なかなか人間難しい。みんな思い悩むから。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:けど、これにならないといけないわけですよ。ちょっとでも近づけるように頑張るという。

赤江珠緒:そうか。

カンニング竹山:だから、悩んだ時は「悩まない」って方向で行く。悩んだところで、何も始まらないんですよ。

赤江珠緒:そうですか。

カンニング竹山:深い話になってしまいますけど…

赤江珠緒:お願いします。

カンニング竹山:今まで赤江さん、30数年生きてきたでしょ。俺は43年生きてきたわけです。その中で、どうにもならなかったことって、ありました?

赤江珠緒:そうね…

カンニング竹山:自分の思うようにではなくても、どうにでもならなかったことって、無いでしょ?

赤江珠緒:生きてる限り、次が来てしまう。

カンニング竹山:次が来てしまうでしょ。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:「どうにもならなかったこと、いっぱいあるよ」って人もいるかもしれないけれど、どうにかならないなんてことは、最終的には殺されることですよ。

赤江珠緒:そうですね。

カンニング竹山:日本に住んでいて、事件は色々あるけれど、殺されるなんってことは、あまりないじゃない?

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:どうにかなるじゃん。物凄い怒られても、物凄い借金作っても、生きてれば、どうにかなるはずなんですよ、みんな。

赤江珠緒:そうか。

カンニング竹山:結果的に、時間は進むんですよ。そこで悩んだり、苦しんだりするんですけど、そういうことを1回捨てるんですよ。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:「関係ない!」って捨てて。

赤江珠緒:ははは(笑)

カンニング竹山:そうすると、意外と自ずと答えは出てくるし、それが一番幸せな生き方だという。

赤江珠緒:なるほど。

【関連記事】
南キャン山里、嫉妬ばかりする自分を変える方法をアドバイスされる「アドラーの教え」

タモリ「やる気のある者は去れ」という言葉の真意「やる気のある者は中心しか見ていない」

久保ミツロウ「理想が高くて、やる気が起きない人に贈る言葉『ましになりたい』」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : カンニング竹山,赤江珠緒,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:岡村隆史、THE MANZAI 2014で例年と微妙に変わった点「コンタクトレンズ付けてました」

前の記事:カンニング竹山、THE MANZAIで優勝した同期・同郷の博多華丸・大吉に喜び「数年前だったら悔しかった」