TOPアッパレやってまーす! ≫ 千原ジュニア、ロバート山本のプロボクサーデビュー戦を分析「舞台に上がることに慣れている芸人だからこそ勝てた」

千原ジュニア、ロバート山本のプロボクサーデビュー戦を分析「舞台に上がることに慣れている芸人だからこそ勝てた」

2014.12.13 (Sat)
2014年12月9日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00 - 23:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、ロバート・山本博のプロボクサーとしてのデビュー戦で勝てた理由について語っていた。

ロバート ベストコント作品集1998~2013
ロバート ベストコント作品集1998~2013 [DVD]

千原ジュニア:俺もあとで(ロバート・山本博のプロボクサーとしてのデビュー戦)観させてもらいましたけど、ただのボクサーですよ。凄かったね。

桂三度:なんか、前半やられ気味で?

千原ジュニア:2Rは大分、やられてたんですけど、本人は昨日聞いてたら、至って冷静で。映像観たら、「こんな打たれてたんや」って思うけど、「あとで行こう」って思っててんって。

桂三度:うん。

千原ジュニア:「向こう、疲れてくるだろうな」って。めちゃくちゃ冷静で。4回戦ボーイが、4ラウンドでKOするって、まあ凄いことなんですよ。

桂三度:へぇ。

千原ジュニア:っていうのは、ガッチガチに緊張したもん同士が、フルでやりあうんで、もう1ラウンドで出しきってまうんですよ。

桂三度:ほう。

千原ジュニア:2ラウンドなんか、ハアハア言って。4ラウンドでKOなんて、なかなか信じられないんですけど。

桂三度:うん。

千原ジュニア:でも、あそこであれだけ手数出せるってことは、それだけスタミナ残ってるってことなんですよ。これはなにかって言ったら、やっぱりね、舞台に上がって、人に観られるってことを、ボクシング以外では20年近くやってきてるわけですよ、芸人として。

おのののか:ああ。

千原ジュニア:その中では、一回でも噛んだら終わりみたいな、キングオブコントの決勝とか、生放送のコント番組と、数々やってきてるから、そこでスタミナをもっていかれてない強さがあるんですよ。

山本吉貴:人に観られることに慣れていて。

千原ジュニア:うん。アレがもし、博が一切、芸能生活を送っていない、たとえばボイラー技士やったとしたら、もう負けてますよ。

桂三度:うん。

千原ジュニア:でも、芸人やってたからこそ、勝てた、みたいな。

山本吉貴:リングインしてきて、周り見渡して、「あ、いるね」とかって感じで、余裕あって笑ってましたから。

千原ジュニア:うん。それで終わって、4ラウンドで勝ったって時にも、博が、俺が来てるもんやと思って、ずっと「ジュニアさんどこ?ジュニアさんどこ?」って、探しててんって。

桂三度:へぇ。

千原ジュニア:何キョロキョロしてんねんっていうのは、俺が来てるって思って、「アレ?チケット渡したけど、居ない」って探しててんって。

桂三度:余裕やな。

千原ジュニア:結果、勝つ人って、チャンピオンとか「後楽園のあの試合も、ジュニアさん、リングサイドで観てはりましたよね」とか、覚えてはるから。

おのののか:見てるんだ。

千原ジュニア:いかに冷静か。

【関連記事】
ロバート山本博、世界的に有名なポケモンプレイヤーだった「世界中に弟子」

ロバート・秋山竜次が語る「コント『忍者ショー』の元ネタ」

ロバート秋山、体モノマネを女性タレントに披露する時の心境を告白「見られて嬉しい」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ロバート,山本博,千原ジュニア,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:パンサー向井、『おぎやはぎのメガネびいき』初出演に感動「JUNKめっちゃ聴いてます」

前の記事:千原ジュニア、インパルス堤下に激似のレフェリー福地勇治が近くにいたことに驚き「2人揃ったら、パァっと光る」