TOP荻上チキ・Session-22 ≫ 池上彰、マスコミ・記者が取材のための特権を与えられている理由「国民の知る権利に奉仕するため」

池上彰、マスコミ・記者が取材のための特権を与えられている理由「国民の知る権利に奉仕するため」

2014.12.04 (Thu)
2014年12月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『荻上チキ・Session-22』(毎週月 - 木 22:00 - 24:55)にて、ジャーナリストの池上彰が出演し、マスコミ・記者が、取材のための特権を与えられている理由について語っていた。

知らないと恥をかく世界の大問題4
知らないと恥をかく世界の大問題4  日本が対峙する大国の思惑  角川SSC新書

荻上チキ:池上さんは、昔から目標としていた人っていうのはいたりしたんですか?

池上彰:いませんね。

荻上チキ:いませんか。

池上彰:とにかく、記者になった時に、「とにかく事実を確認しろ」と。徹底的に、事実を確認して、間違いを出すな、と。でも、人間だから間違いを出すことはあるんだけど、常に事実関係をキチっと調べて、それを正確に伝えていけ、と。

荻上チキ:うん。

池上彰:よく新人の頃に言われたのが、「お前の原稿は分からん。情報が中間搾取されている。つまり、お前は取材をして色んなことが分かってるくせに、それをキチンと原稿に繁栄することができていない」と。

荻上チキ:うん。

池上彰:だから、「原稿だけ見ると、何のことか分からない。お前がちゃんと取材したことを、キチンと原稿に書け」と。随分、デスクに怒られましたね。

荻上チキ:ああ。

池上彰:色んな取材したことを、なるべく全部、キチンと伝えていくためには、どのように原稿を書けば良いのかってことを、ひたすら考えていましたね。

荻上チキ:ええ。誰かになりたいとか、その人を模倣すれば良いというわけではなくて、その先輩や、それについて試行錯誤できる、仕事をしながら「ジャーナリズムとは何か?」と、大上段から振りかざすんじゃなくて、日常の中で考えていく。そうした環境にいられたからこそ、今の池上彰があるということになるわけですよね。

池上彰:新人研修の時に言われたんですけど、「記者はなぜ、非常線を超えることができるのか」って言われたんですね。

荻上チキ:ほう。

池上彰:つまり、現場に行きますでしょ?そうすると、警察が非常線を張りますよね。「こっから先、野次馬が入らないように」ってやるんですけど、取材の記者やカメラマンがもうちょっと先まで入れることがあるんですね。

荻上チキ:うん。

池上彰:もちろん、本当の現場には入れませんけど、「とりあえずここまで入って、取材しても良いよ」と。なんでそんなことができるのか?

荻上チキ:はい。

池上彰:「それは、お前たちは国民の知る権利に奉仕するためだ」と。みんながそこに入るわけにはいかないから、一部の一握りの者が、中に入って、それを取材し、それを国民、つまりは視聴者にキチンと伝えていく、その責任がある。責任があるから、それが認められているんだ、と。

荻上チキ:はい。

池上彰:だから、キチンと取材し、それをちゃんと伝えろ、と言われましたね。

荻上チキ:うん。

池上彰:国民の知る権利に対する奉仕をするのが、お前たちの仕事だ、と。

【関連記事】
池上彰×荻上チキ、自民党による中立・公平な報道への要望書について「中立・公平な報道とは何か?」

池上彰、難しいニュースを分かりやすく解説するということについて「極めてニッチな、隙間産業で生きてきた」

池上彰、安倍首相の『戦後レジームからの脱却』という抽象的な言葉の背景を解説「アメリカからの警戒感・トラブル回避」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 池上彰,荻上チキ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  荻上チキ・Session-22
次の記事:南キャン山里、M-1決勝で最下位のドン底を救ってくれたマネージャーの言葉「山ちゃん、売れるわ」

前の記事:池上彰、安倍首相の『戦後レジームからの脱却』という抽象的な言葉の背景を解説「アメリカからの警戒感・トラブル回避」