TOPアンタッチャブルのシカゴマンゴ ≫ アンタッチャブル柴田 「M-1のトロフィーを紛失した?」

アンタッチャブル柴田 「M-1のトロフィーを紛失した?」

2009.08.15 (Sat)
2009年08月13日放送の「アンタッチャブルのシカゴマンゴ」にて、アンタッチャブル・山崎弘也、柴田英嗣のそれぞれのM-1トロフィーの置き場所について語られていた。話の発端は静岡県で11日に起きた地震だった。

「実家が静岡県にあり、すごい心配した。静岡県は4枚のプレートが地下で接しているといわれていて、『いつか大きな地震が起きる』と子供の頃から言われていた。でも、そのおかげか地震対策がしっかりとされていて、実家は何事もない様子で安心した」と話していた。

これに関して、山崎も「(東京の)俺の部屋も地震があって揺れた。でも、部屋での損害は何もなかった」と話していた。そこで柴田が「ベッドサイドにあるM-1のトロフィーは大丈夫だったのか?」と訊いた。どうやら、山崎のM-1トロフィーはベッドサイドにあるようだ。

「微動だにしなかったからね。M-1のトロフィーは重いから」と柴田は語った。そこで山崎は「柴田さんのトロフィーはどうしているの?飾っているの?」と訊いた。この質問に対して、柴田は以下のように答えていた。

「俺は(M-1トロフィー)飾ってない。イヤらしいと思われちゃうから」と話していた。

「後輩とか家に来るじゃん。その時に、『自分の栄光を確認したいのか?』と思われると嫌だから。逆に、山崎が飾っているって聞いて、『あっ、そういうことをするんだ山崎』と思った」

「口では『チャンピオンなんだぞ』とか言うんだけどね。でも、俺はそういうのは飾らない。ほかにも、爆笑オンエアバトルの優勝の楯とかもらったけど、飾っていない」と柴田は語っていた。

これに対して山崎は「じゃあ、俺に貸してくれ。(M-1トロフィー)を左右対称にしておいておきたいから」と話していた。「眠っているんなら、貸してよ。玄関にシーサーっぽく飾りたいじゃん」と言うが、柴田は断固拒否していた。

「山崎は信用ならない。トロフィーで何するか分からない。発想が豊かだからね」と貸すことはできない、と話していた。

だが、一つの疑惑が。「トロフィーの存在を確かめたい。だから、一回、(ラジオ)番組に持ってきてよ」と山崎が言っても、「持って来たくない。存在を確認したいなら、写メ撮ってくるから」などと拒否し続けた。そこで山崎は「本当は紛失してしまったのでは?」と言っていた。

【関連記事】
ナイナイ岡村 「S-1のベスト4に残る」

加藤浩次 「芸能人になって謙虚さを失ってしまった」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : アンタッチャブル,山崎弘也,柴田英嗣,M-1,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アンタッチャブルのシカゴマンゴ
次の記事:おぎやはぎ 「酒井法子の例の騒動」について語る

前の記事:加藤浩次 「杉本彩とはヤれない」