TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 南キャン山里、板東英二のスター性を改めて実感「会場に貼られた習字のテーマが『税について考える』」

南キャン山里、板東英二のスター性を改めて実感「会場に貼られた習字のテーマが『税について考える』」

2014.11.20 (Thu)
2014年11月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、下北沢タウンホールで開催された「東野幸治 vs 山里亮太」で、ゲストとして登場したタレント・板東英ニのスター性について語っていた。

そこ知り 特捜!板東リサーチ
るるぶ そこ知り 特捜!板東リサーチ (目的シリーズ)

山里亮太:(「東野幸治 vs 山里亮太」のライブで)東野さんが、板東英二さんの話をするの。テレビとかちょくちょく出てるし、色々あったけども。板東さんについて、東野さんの目線でバンバン斬りまくるわけよ。

話が盛り上がったところで、「この辺の真相を聞いてみましょう。この方です!」って言って、板東英二さんが登場したからね。板東さんがスーッて出てきて。センターマイクの前に立って、漫談よ。まあウケる、ドッカンドッカン。凄いのよ。

聞いたら元々、板東さんって凄いんだよね。お笑いコンテストで、横にバリバリの頃の山田邦子さんとかがいる中、漫談で戦って、最優秀賞獲ったりしてたんだって。プロ野球を引退した後かな。その技を遺憾なく発揮するし、色んな話をするわけですよ。

脱税の話で、一時期、退いてたけども、色んな誤解等を解いて戻ってきた、と。もちろん、植毛とか、「本当に、税金とか大丈夫なんですか?」とかイジって(笑)

ひとしきり話をして。もちろん、その辺を謝罪した上で漫談をして、終わって。「スゲェな」と。スターの片鱗を垣間見たというか。結局、一世を風靡した男じゃない。野球でも、芸能界でも。

板東さんと東野さんと俺で、トリオみたいにセンターマイクを前に、漫才ですよ。板東さんが大ボケ、俺が中ツッコミの、東野さん大ツッコミみたいな。3人でのトリオ漫才みたいなのもできて、まあ楽しい。ちょっと休んでたけど、板東英二も現役だなって。バリバリの感じなわけよ。

それで、坂東さんがスターだなってもっと思った瞬間があって。今日、やってた会場が下北沢タウンホールで。下北沢タウンホール、言ってみれば区民会館みたいなもんよ。区民会館っていえば、地元の中学校とかが授業でやった習字とかを貼ってたりするじゃん。金賞・銀賞とか。今週のテーマに沿った習字が貼られたりして。

その時のテーマがなんだったかって言うと、「税について考える」という(笑)さすがだなって。そこまでが総合演出だったんじゃねぇかっていうね(笑)

【関連記事】
千原ジュニアが語る、板東英二のサービス精神「楽屋に必ず置き土産」

明石家さんま、島田紳助の芸能界引退に「世間は大して何も思ってない。俺だったらすぐに復帰する」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,板東英二,東野幸治,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:南キャン山里、田中みな実が平然とウソをついていたことに驚き「逆鱗に触れちゃった?」

前の記事:チュート徳井、9歳の少女だった頃から交流のある女性との心温まる体験「娘を持つってこんな感じなのか」