TOPワイドナショー ≫ 坂上忍・杉田かおる、子役を取り巻くギャラなどの裏事情を明かす「子役から俳優・女優級へのギャラ交渉が大変」

坂上忍・杉田かおる、子役を取り巻くギャラなどの裏事情を明かす「子役から俳優・女優級へのギャラ交渉が大変」

2014.11.16 (Sun)
2014年11月12日放送のフジテレビ系の番組『ワイドナショー』(毎週日 10:00 - 10:55)にて、タレント・俳優の坂上忍、女優・杉田かおるが、子役を取り巻くギャラなどの裏事情について語っていた。

パパと呼ばないで
パパと呼ばないで DVD-BOX I

坂上忍:ギャラ、僕らの頃って子役はそんなに高くないんですよ。

杉田かおる:本当に子供のギャラで。子供のギャラから大人のギャラに上げる時、大変でしたね。風当たりが。

坂上忍:大変なの。

杉田かおる:1万円くらいで出てくれてたのが、10万円にするってなれば「生意気だ」なんてことになって。

松本人志:それこそ、『パパと呼ばないで』なんて、凄い観てましたけど、あの時、安かったんですか?

杉田かおる:安かったです。1万円ですね。多分、石立鉄男さんが80万円もらってました。

松本人志:石立さんのことも言うねや(笑)

東野幸治:そこでビックリして(笑)ああ、そうなんですか。

杉田かおる:40年前で80万円だから、相当ですね。

東野幸治:じゃあ、金八先生では?

松本人志:中学生くらいでした?

杉田かおる:あの時も1万円というか、生徒役全員、一律でしたから。

松本人志:一律で、あんな15歳の母みたいな、凄い大変な…

杉田かおる:割が合わないなって思いましたけど(笑)

東野幸治:でも、役者としてはオイシイでしょうけどね。

中居正広:でも、杉田さんは小さい頃からのキャリアがあるわけじゃないですか。一方、あの作品がデビューの方もいらっしゃるわけだから。それでも一律なんですか?

杉田かおる:一律でしたね、あの時は。

坂上忍:子役って、違うのよね。子役のキャリアなんて、何もないんじゃないのってくらいで。

東野幸治:ああ、そうなんですか。

杉田かおる:時価だから、営業とかで稼ぐしかないですよね。とっ払いの。

坂上忍:そんなことやってたの?(笑)

東野幸治:漫才とか歌とかでなくて、何をしたんですか?

杉田かおる:サインしたり、おゆうぎみたいに歌ったりして。それで地方でとっ払いで…

東野幸治:子役の時ですか?

杉田かおる:地方回ってました。土日は。

東野幸治:地方回って、ニコニコ笑って…

杉田かおる:はい。

中居正広:今の芦田愛菜ちゃんぐらいですよね・

杉田かおる:そうですね。

東野幸治:生きてきた環境が凄いですね。今の子役ってどうなんですか?

坂上忍:僕らの頃より、技術的には絶対に優れてると思いますよ。あとは、意識ですよね。僕ら、プロ意識なんか何もなかったですから。でも、今の頃はちゃんと自覚を持ってしてるから。だから、凄いけど、じゃあ誰が残るのかって言ったら、僕らの頃と変わらないと思います。

【関連記事】
坂上忍、14歳から個人事務所を立ち上げた理由「父親の借金を返したら辞めようと思っていた」

有吉弘行、ナメた態度の元子役てんちむに「坂上忍と同様、子役上がりにはロクなのいない」

南キャン山里、劇団ひまわり子役オーディションに合格していた「授業料に悩む親を気遣い諦めた」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 坂上忍,杉田かおる,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ワイドナショー
次の記事:中居正広×坂上忍、お笑い芸人に演技の才能を持つ人が多い理由「リズム感や間を分かっているから」

前の記事:坂上忍、14歳から個人事務所を立ち上げた理由「父親の借金を返したら辞めようと思っていた」