TOPしくじり先生 ≫ ジャルジャル後藤、仕事をする上での人付き合いの重要性「知らない人ばかりだと全員、敵に見える」

ジャルジャル後藤、仕事をする上での人付き合いの重要性「知らない人ばかりだと全員、敵に見える」

2014.11.16 (Sun)
2014年11月14日放送のテレビ朝日系の番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(毎週木 24:15 - 25:45)にて、お笑いコンビ・ジャルジャルがゲスト出演し、後藤淳平が仕事をする上での人付き合いの重要性について語っていた。

ジャルジャルの戯(あじゃら) 1
ジャルジャルの戯(あじゃら) 1 [DVD]

前の記事からの続き:
ジャルジャル、仕事が激減してしまった理由について語る「尖っていてイジりにくいと思われている」

ジャルジャル、『アメトーーク!』初登場で大失敗していたことを明かす「頭が真っ白に」

軍団・派閥所属の重要性

後藤淳平:人付き合いでも負のスパイラルに入ってしまいました。スタッフさんや先輩と、プライベートでお付き合いする、これは大事。コミュニケーションも大事ですね。

若林正恭:うん。

後藤淳平:まず、僕らは軍団に所属しなかったことが失敗の原因の一つですね。所属しなかったというか、所属できなかったということなんですけどね。

若林正恭:ああ。

後藤淳平:吉村さんも、有吉さんと仲良かったりとか。

吉村崇:そう。そういう付き合いはありますよね。

後藤淳平:そこから、横の繋がりが広がっていって。

吉村崇:そうそう。スタッフさんとかも紹介してもらって。

後藤淳平:良いことだらけなんですけどね。軍団に所属すると、先輩・後輩と交流ができる。そして、番組に呼ばれる機会が増加。そして、スタッフさんとの交流が出きて、さらに番組に呼ばれる機会が増える、と。

澤部佑:たしかに。

後藤淳平:僕らは、軍団に所属しない。交流が全くない、一匹狼状態です。

澤部佑:何も広がらない(笑)

吉村崇:このすごろく早いな(笑)

後藤淳平:番組に、仲の良い人のいないときの不安感って、凄いでしょ。

若林正恭:ああ。

後藤淳平:全員、敵に見えてきてしまうんですね。すると、目つきも段々、鋭くなってきますよ。

福徳秀介:MCの方も、「アイツ、目つき悪いからやめとこう」って振らなくなって、たまに振っても、「なんやコイツ」ってなるんですよ。

若林正恭:いやぁ、分かるなぁ。

飲みの席に呼ばれない

後藤淳平:2つ目…厄介なんですけど、2人ともお酒が飲めないんです。

澤部佑:やっぱりお酒なんですね。

福徳秀介:吉村さんも、バンバン飲みの席に行かれますもんね。

吉村崇:行く、行く。だって、ネタも何もないヤツがこうやってテレビ出るのって、本当に人付き合いでここまできただけだから。本当にそう。

若林正恭:そんなことないよぉ。

吉村崇:気持ちが全く入ってないですよ(笑)

後藤淳平:お酒が飲めない我々には、こんな悩みがあって…居酒屋のルールが分からない。

福徳秀介:初めて、吉本の先輩に連れて行っていただいた時に、僕はチャーハンと鶏の唐揚げを頼んだんです。

若林正恭:うん。

福徳秀介:ほんなら、それを先輩はつまむし、人に取り分けるし。こっちからしたら、意味分からないじゃないですか。俺が頼んだヤツを、この人が取り分けて食べて…「何してんねん」って。これ、人間不信ですよ。

若林正恭:ああ(笑)

後藤淳平:みんなでつまむって知らなかったので。

若林正恭:本当に行ったことないんだね。

後藤淳平:だから、取り分けない、喋らない、早めの解散。そして、二度と呼ばれない。

澤部佑:たしかに呼ばないかな。

若林正恭:でも、新たな一面だよね。よく、俺も飲まない芸人とか、人見知り芸人としてそういう企画に呼ばれるんだよ。でも、俺よりもっとヒドイと思うもん。

福徳秀介:笑い方もヘタなんですよ。でも、ウケてるレベルは一緒なんですよ。僕らがフロアディレクターやったら最悪やと思いますけど(笑)「はっはっはっ…へへへっ」って(笑)

澤部佑:ああ、腹立つ(笑)

【関連記事】
ナイナイ・岡村「27時間テレビでのバスケコーナーについて釈明」

ジャルジャル・福徳「漫才への自信を失った」

ジャルジャルが語る「M-1での漫才への批判」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ジャルジャル,福徳秀介,後藤淳平,若林正恭,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  しくじり先生
次の記事:マツコ・デラックス、軽い気持ちで不倫をする女性について「全てを失う覚悟がないと、いざとなったらパニックに」

前の記事:ジャルジャル、『アメトーーク!』初登場で大失敗していたことを明かす「頭が真っ白に」