TOP未分類 ≫ ビートたけし、死を選びたくなるほど落ち込んだ人へのメッセージ「生きてるだけで幸せ」

ビートたけし、死を選びたくなるほど落ち込んだ人へのメッセージ「生きてるだけで幸せ」

2014.11.04 (Tue)
2014年11月3日放送のテレビ朝日系の番組『ビートたけしのTVタックル』(毎週月 23:15 - 24:15)にて、ビートたけしが、自身も「死んでしまいたい」と思うほど落ち込んだ経験をしながら、そこで「生きてるだけで幸せだ」と、思い直して欲しいと語っていた。



ビートたけし:人生の中でね、何回か「死んじまおうか」っていうくらい落ち込む時あるって。誰でもね。

俺なんか、芸人やってて「うわぁ、こんな目に遭うのか」ってことあるもん。だけど、生きてるだけで幸せだっていうことなんだよね。生きてるから、ガックリできんだもんっていう。

「死ぬよりは、這いつくばって拾って食った方が良いよ」って思うようなところに、追い込まれる時もあるわけさ。みんなそれはあるんだから。

そういう時だけは、開き直って欲しいんだな。本能だって良いの。生きようって思う根性がないと。

阿川佐和子:ワガママもズルも。

ビートたけし:そう。どんな立派な先生だって、アソコが大きくなって子供作るんだから。

大竹まこと:めちゃくちゃ分かりやすいけどね(笑)

【関連記事】
明石家さんま、ビートたけしに引退を引き止められていた「辞めると言うな。俺は1人でも見てくれれば続ける」

ビートたけし、フライデー襲撃事件からの復帰会見を振り返り「いやぁ…バカだったよ」

ビートたけし、若手時代を過ごした浅草への思い「浅草を捨てたと言われ、苛ついたことも」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ビートたけし,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  未分類
次の記事:小堺一機、萩本欽一と出会ってから28年目にようやく弟子だと認められていた「俺に弟子はいないと」

前の記事:バカリズム、バナナマン日村と『実況パワフルプロ野球』をやり続けた思い出